紫のニキビ跡を消す3つのカギ | ニキビ@|ニキビアット

「にきび」に悩む、みなさんのためのポータルサイト

ホーム > コスメスキンケア > 紫のニキビ跡を消す3つのカギ

紫のニキビ跡を消す3つのカギ

cosme-skincare

コスメスキンケア

紫のニキビ跡を消す3つのカギ

ニキビが治った後に色が残っている場合は、ニキビが原因で色素沈着を起こしたものです。
ニキビ跡の色素沈着には、赤いものから紫っぽい色をしたものまでさまざまなものがあります。
紫色をしたニキビ跡はなかなかメイクで隠すことができず目立ってしまうので、「もしかしたら消えないのでは?」と不安になりますよね。

 

紫のニキビ跡の正体

 

紫っぽい色をしたニキビ跡は、悪化したニキビのダメージが真皮層にまで届くことで引き起こされます。
皮膚の表面である表皮までのダメージであれば、治すのはそれほど難しくありません。しかし皮膚の奥深く真皮層、毛細血管にまで影響を及ぼすと治すのに時間がかかってしまいます。

簡単には消すことができませんが、正しいケアを続ければ改善する余地があります。

 

肌はターンオーバーによって古い細胞が剥がれ落ち、新しい細胞が生み出されます。
それによって色素沈着を起こしたニキビ跡が改善されていくのですが、真皮層のターンオーバーは表皮のものと違いサイクルが長いです。
そのため新しい細胞と古い細胞が生まれ変わる表皮の色素沈着よりも、改善するのが難しくなってしまいます。

 

ただ人間の体はうまくできていて、マクロファージと呼ばれる白血球が真皮上の不要な細胞を食べてくれる役割を果たしています。
細胞内の掃除係りであるマクロファージの働きにより、ニキビ跡を少しずつ薄くしていってくれます。
ただ紫色の色素沈着を改善するためには相当なダメージを修復する必要があるので、長い期間かけてケアしていくことが大切になります。

 

そこでニキビの炎症を抑えつつ、新たなニキビを予防するために抗炎症作用や皮脂抑制作用などがあり、炎症によって損傷した肌のバリア機能を修復するために保湿もできるトータルケアが必要になります。
では、どのようにすれば紫のニキビ跡を消すことができるのでしょうか?

 

1. ビタミンC誘導体

 

ビタミンC誘導体を配合した化粧水などをスキンケアに使用すると効果的です。
色素を分解する効果があるので、紫色をしたニキビ跡の色素沈着も改善することができます。
ビタミンCだと分子が大きすぎるため、肌に浸透していきません。
ビタミンCを誘導体にすることで、肌に浸透していき色素沈着に効果を発揮することができるのです。

 

2. ハイドロキノン

 

ビタミンC誘導体と合わせて、ハイドロキノンが有効です。
シミなどの対策としても美白効果が最も高いと言われているのが、ハイドロキノンなのです。
既に炎症が治まっていて、紫色の色素沈着だけ残っているのであれば、ハイドロキノンを配合した美白コスメの使用がおすすめです。

 

3. 栄養バランスの良い食事・質の良い睡眠・ストレス解消を心がける

 

肌の新陳代謝にもっとも影響を与えるのが、生活習慣です。
長期的なケアが必要である紫色の色素沈着を消すためには、毎日の生活習慣から改善していきましょう。

 

ニキビ跡の色素沈着は消えないと諦めずに、根気よくケアをしていくことが必要です。