アルカリ洗顔料でニキビを改善&予防する方法 | ニキビ@|ニキビアット

「にきび」に悩む、みなさんのためのポータルサイト

ホーム > コスメスキンケア > アルカリ洗顔料でニキビを改善&予防する方法

アルカリ洗顔料でニキビを改善&予防する方法

cosme-skincare

コスメスキンケア

アルカリ洗顔料でニキビを改善&予防する方法

なぜか同じ場所にニキビを繰り返すということはありませんか?
ニキビは毛穴が何らかの原因によって詰まり、塞がれることで起こります。

 

その原因のひとつに、ターンオーバーが正常に働いていないことが考えられます。
ニキビを繰り返している部分は、肌内部の細胞がダメージを受けている状態です。
そのため肌のターンオーバーが正常に機能せず、古い角質がたまりやすくなってしまい、より毛穴が詰まりやすくニキビが繰り返しできてしまうのです。

 

こんな時は、アルカリ洗顔料を使って、ニキビを改善&予防しましょう!
今回は、アルカリ洗顔料を使ったニキビの解消、予防法を紹介します。

 

アルカリ洗顔料でニキビができにくい環境を作る

肌に優しい洗顔料で有名なのは、弱酸性の洗顔料ではないでしょうか。
コマーシャルなどでも「肌に刺激が少ないのは、肌と同じ弱酸性の洗顔料」と宣伝していますね。
弱酸性の洗顔料はお肌に優しいのですが、一方で汚れを落とす力が弱いことが問題です。

 

ニキビを改善&予防するためには、アルカリ性の洗顔料を使って余分な汚れをしっかり落とすことが必要です。
そういった意味では、弱酸性の洗顔料よりもアルカリ性の洗顔料のほうが、ニキビの原因となる毛穴の詰まりを解消するのに役立ってくれるといえます。

 

アルカリ性の洗顔料の肌への影響は?

アルカリ性の洗顔料は、肌の汚れをしっかり落とすということは理解できましたが、肌への影響が気になりますよね。
「刺激が強すぎると肌に良くないんじゃないの?」と不安になる方もいるでしょう。

 

しかし、その心配は無用です。
肌の機能はうまくできていて、アルカリ性の洗顔料で洗顔したとしても、しばらくすると元の弱酸性に戻るので心配ありません。
化粧水の多くも弱酸性なので、スキンケアをしていくうちに肌の状態は弱酸性へと自然と戻っていきます。
そのため、ニキビを改善&予防するためにはアルカリ性の洗顔料を使って、皮脂やメイクの油分、ほこり、ファンデーションなど余分な汚れをしっかり落とすということがポイントになってくるのです。

 

ニキビで悩んでいる人は、毎日使用している洗顔料をアルカリ性の洗顔料に変えて、ニキビケア洗顔を行いましょう!
ただし、アルカリ性の洗顔料で洗顔した後は、しっかり保湿ケアをしてお肌の乾燥を予防してくださいね。
ニキビが出来なくなれば、毎日を明るく過ごすことができますよ!