掃除をさぼると肌が荒れる? スキンケアと掃除の関係 | ニキビ@|ニキビアット

「にきび」に悩む、みなさんのためのポータルサイト

ホーム > コスメスキンケア > 掃除をさぼると肌が荒れる? スキンケアと掃除の関係

掃除をさぼると肌が荒れる? スキンケアと掃除の関係

cosme-skincare

コスメスキンケア

掃除をさぼると肌が荒れる? スキンケアと掃除の関係

「肌荒れするのは肌の状態が悪いから」だと思い、新しいスキンケアに変えたり、エステサロンに通ったりしていませんか?
もちろん基礎化粧品が肌に合わなかったり、お肌のトリートメントが足りない場合も肌荒れを起こす可能性があります。

 

しかしいくらスキンケアにお金と時間をかけても肌荒れが治らないという人は、別の原因を考えてみましょう。
実は、部屋の掃除をさぼることが肌荒れの原因になっている恐れがあるのです。

 

ハウスダストと肌荒れの関係

部屋の掃除をさぼると、気になるのがハウスダスト。
ハウスダストによる影響として代表的なものは、くしゃみや鼻水などのアレルギー反応です。
鼻やのどに影響を与えるだけでなく、アレルギー症状は肌にも現れてしまいます。
そのアレルギー症状によって引き起こされるのが、肌トラブルなのです。

 

ハウスダストの原因

ハウスダストといっても、いろいろな原因が考えられます。
ハウスダストの代表格であるダニは、家のホコリや人の髪の毛、フケなどをエサにして繁殖します。

 

またダニの死骸もハウスダストを引き起こす原因となってしまうので、気をつけなければいけません。
他にも空気中のホコリやカビ、細菌、花粉などもハウスダストの大きな要因になります。
普通に生活をしているだけでも、ハウスダストの要因は私たちのまわりにたくさん潜んでいるのです。

 

ハウスダストの予防法

ハウスダストを予防する方法として、一番効果的で簡単なことはこまめに掃除をすることです。
出来れば毎日掃除をして、清潔に保つようにしましょう。

 

また一日の大半を過ごす寝室は、念入りに掃除することが大切です。
肌荒れで悩んでいる人は、顔まわりに直接触れる枕カバーやシーツは頻繁に洗濯し、掛け布団は日光に当てて干すということが必要です。
また敷き布団を干したときは、たたかずに日光に干した後に、掃除機をかけるようにしてください。

 

しかし仕事をしていたり、掃除が苦手という人は、掃除に対して億劫な気持ちになってしまうのではないでしょうか。
その場合は、布団のダニやホコリを除去する方法として、布団乾燥機は手軽に使用することをおすすめします。
夜寝る前に布団乾燥機をかけて、掃除機をかければ、ダニやホコリを除去することができますよ。
最近では布団用クリーナーも良い機能を持った商品が登場しているので、そのようなものを使うと掃除が苦手でも布団を綺麗に掃除することができます。

 

肌荒れで悩んでいる人は、まず生活習慣から見直して、ハウスダストを除去する努力をしてみましょう!