ニキビ跡がなくなる!?「オバジC」が持つ驚きの効果とは? |ニキビ@|ニキビアット

「にきび」に悩む、みなさんのためのポータルサイト

ホーム > コスメスキンケア > ニキビ跡がなくなる!?「オバジC」が持つ驚きの効果とは?

ニキビ跡がなくなる!?「オバジC」が持つ驚きの効果とは?

cosme-skincare

コスメスキンケア

ニキビ跡がなくなる!?「オバジC」が持つ驚きの効果とは?

ロート製薬が独自技術により開発した、高濃度ビタミンC配合の美容液「オバジC」。
さまざまな肌トラブルに効果があり、その高い美容成分により注目を集めている「オバジC」は、ニキビ跡のケアにも効果があるといわれています。
オバジCがニキビ跡を改善する理由や、効果的な使い方について紹介していきます。

 

「オバジC」がニキビ跡を改善する理由とは?

オバジCは、高浸透処方と安定化処方を施されたビタミンCを高濃度に配合している美容液です。
オバジCに配合されているビタミンCは、一般的な「ビタミンC誘導体」とは異なる「ピュアビタミンC」というもので、より肌に浸透しやすく即効性が高いという特徴があります。

 

「メラニン生成の抑制効果」や「コラーゲン生成をサポートし肌の凹凸をなめらかにする効果」「沈着したメラニンを還元する効果」などに優れているので、ニキビ跡の改善にとても高い効果が期待できます。
とくに色素沈着や、浅いクレーターなどのニキビ跡に効果的です。

 

オバジCの選び方や種類

オバジCは濃度の高いビタミンCが入っている美容液ですが、濃度の高さによって商品名が変わります。
種類は「オバジC5」「オバジC10」「オバジ20」の3種類があり、治りにくい「ニキビ跡ケア」には濃度が最も高い「オバジ20」を使うのが最も理想的です。

 

しかし、ビタミンCは炎症を起こす前のニキビケアや、炎症が鎮まったあとのニキビ跡ケアなどには効果的ですが、赤く炎症を起こしている部分のニキビにはあまり改善効果が期待できません。
赤ニキビは炎症が長引くことで色素沈着のリスクを高めてしまうため、進行中のニキビ治療には、オバジCと一緒にニキビ治療薬を使いしっかりニキビを改善していきましょう。

 

オバジCの効果的な使い方

1. 朝と夜の2回、洗顔後のスキンケアにオバジCを使用します。
オバジCは美容液ですが、ニキビやニキビ跡のケアの場合には、化粧水として使ってもOKです。

 

2. オバジCを3~4滴ほど手に取って、ニキビ部分だけでなく顔全体に馴染ませていきましょう。

 

3. 使用中に肌がピリッとすることがありますが、慣れてくれば心配はありません。
しかし使用継続により発疹や赤みが出る場合には、使用を中止しましょう。

 

4. 進行形のニキビがある場合は、殺菌作用のあるコスメや薬(オロナインやペアアクネクリームなどでOK)を塗っていきます。
こうすることで初期の白ニキビや黒ニキビはすぐに改善され、赤ニキビの治りも早まります。

 

5. 1ヶ月ほど継続的にケアを続けても改善が見られない場合は使用を控え、皮膚科を受診するようにしましょう。

 

ニキビケアにはもちろん、毛穴の引き締めなどにも効果が期待できるオバジCは、女性の肌を健やかなものに導いてくれます。
はじめのうちは刺激が強いことも考えられるので、「オバジC5」から使い始めるのもオススメです。
毛穴とニキビゼロの肌を目指して、ぜひオバジCを取り入れてみてくださいね。