ニキビ跡をキレイに隠す! 「コントロールカラー」の選び方 |ニキビ@|ニキビアット

「にきび」に悩む、みなさんのためのポータルサイト

ホーム > コスメスキンケア > ニキビ跡をキレイに隠す! 「コントロールカラー」の選び方

ニキビ跡をキレイに隠す! 「コントロールカラー」の選び方

cosme-skincare

コスメスキンケア

ニキビ跡をキレイに隠す! 「コントロールカラー」の選び方

顔の色を補正し肌色をより美しく魅せてくれるコントロールカラーは、実はニキビ跡をキレイに隠してくれるとても便利なメイクアイテム。
しかし、コントロールカラーの選び方が分からず、なかなか挑戦できないという方も多いもの。
ニキビ跡を隠すためのコントロールカラーの選び方や、使い方のポイントなどについて紹介していきます。

 

ニキビ跡を隠すためのコントロールカラーの選び方

肌の赤みやニキビ跡などの悩みをキレイに隠してくれるコントロールカラー。
コントロールカラーを選ぶ上で最も大切なポイントは、自分の肌の悩みに合ったカラーを選ぶこと。

 

ニキビ跡をケアするためには「グリーン」のコントロールカラーが効果的です。
「グリーン」のカラーには赤みやニキビ跡をカバーする役割があるため、特にコンシーラーでは対処できない全体的に広がるニキビ跡が気になる方にオススメ。下地として使うことで、ニキビ跡をナチュラルにカバーしてくれます。
グリーンコントロールカラーには光を拡散する効果があるので、凹凸のあるニキビ跡のカバーにも良いでしょう。

 

また茶色の色素沈着が残ったニキビ跡には、「オレンジ」のコントロールカラーを選ぶのも効果的。
オレンジのカラーが茶色のニキビ跡をカバーし、目立たなくしてくれます。
オレンジのカラーにはオレンジクマやたるみの影をカバーする作用もあるため、若々しい印象をメイクしたい方にもオススメです。

 

コントロールカラーは他に「イエロー」「ピンク」「ブルー」「パープル」のものがあります。
それぞれの役割についても覚えておきましょう。

 

・イエロー
初心者にも使いやすいカラーといわれるイエローは、肌の色ムラや乾燥によるくすみをカバーする効果があります。

 

・ピンク
血行の良い肌色を作るピンクは、肌を明るく健康的に見せてくれるカラー。
寝不足で肌色が暗い時などにもオススメです。

 

・ブルー
黄色いくすみを目立たなくしてくれる効果があるのがブルーのカラー。
ただ、色白の方は血行が悪く見えてしまうので避けた方が良いでしょう。

 

・パープル
パープルは肌全体の透明感をアップさせるカラー。
上品でエレガントな肌色を演出してくれます。

 

部分用と全体用とは? コントロールカラーの使い方ポイント

コントロールカラーは商品によって、「部分用」と「全体用」の2種類があります。
ポツンポツンと気になるニキビ跡がある場合にはカバー力の高い「部分用」のものを、細かなニキビ跡が広範囲に広がっている場合にはテクスチャーが柔らかく塗りやすい「全体用」を選ぶと良いでしょう。肌悩みがいくつかある場合は、部分的にカラーを使い分けるのも良い方法です。

「全体用」の場合はコントロールカラーが化粧下地の役割をしてくれますが、「部分用の商品は化粧下地としては使えないことが多いため、化粧下地を塗った後でコントロールカラーを使っていくことも大切なポイント。
コントロールカラーの後に塗るファンデーションはなるべく薄塗りにすることで、より素肌が美しく見えますし化粧崩れの予防効果も期待できますよ。
コントロールカラーを上手く使って、キレイな肌を作りましょう!