ニキビができてしまった場所で体調がわかる!?ニキビ@|ニキビアット

「にきび」に悩む、みなさんのためのポータルサイト

ホーム > ニキビ > ニキビができてしまった場所で体調がわかる!?

ニキビができてしまった場所で体調がわかる!?

nikibi

ニキビ

ニキビができてしまった場所で体調がわかる!?

大人になってからできる「大人ニキビ」は治りにくくて跡にも残りやすいので困りますよね。
 
不規則な生活やストレスなどが原因でできてしまうことがありますが、ニキビができた場所によって体の不調部分を知ることができるのです。
きちんとスキンケアをしているのにニキビができてしまうという方は体の内側からのケアが必要なのかもしれません。
 
そこで今回は、ニキビができる場所と体の健康状態の関係をご紹介していきます。

 

おでこ・鼻の頭のニキビは生活習慣の乱れ

 

おでこは皮脂の分泌も多く、比較的ニキビができやすい場所ではありますが、同じような場所に繰り返しできてしまう場合は、生活習慣の乱れが原因かもしれません。
疲れが溜まっていたり、睡眠不足が続いたりというときにできることが多い場所です。
 
また、おでこの中でも生え際付近にニキビができてしまった場合、ホルモンバランスの乱れが疑われます。
こめかみ付近にできる場合は、過度なストレスが原因の可能性が高いです。
 
鼻の頭にニキビができる場合も同様に、ストレスや疲労が原因です。
おでこや鼻のニキビが繰り返される場合は、まずは生活習慣を見直すところから始めてみましょう。

 

口の周りのニキビは胃腸器官のトラブルかも

 

鼻の下やあごなどの口周りにできてしまったニキビは、胃腸器官や内臓の不調のときにできやすくなっています。
口の周りは毛穴も小さくニキビはできにくい場所のため、口の周りにできたニキビがなかなか治らないという場合は、内臓系の不調を疑ってください。
 
女性の場合、月経の周期にあわせて口の周りにニキビができやすいことも珍しくありません。
月経周期にあわせてできてしまう場合、ある程度仕方のないことですので、早めに就寝するなどして、体に負担をかけないように心がけましょう。
 
またビタミンB群やカルシウムの不足、貧血気味の時も口周辺にニキビができやすいです。
積極的にビタミンB群やカルシウム、鉄分などの栄養をとるようにしましょう。

 

頬のニキビは胃腸が疲れている

 

たまに大きなニキビが頬にポツンとできてしまっていることもあると思います。
頬にできるニキビは、胃腸の疲れを表わすといわれています。
 
飲み会や外食が続き、胃腸に負担がかかっているときに出やすいです。
油分の摂り過ぎが原因ですので、ニキビの症状が落ち着くまではお腹に優しいものを食べるようにしましょう。
肉は少なめにし、野菜や大豆製品などを中心に摂ることを心掛けましょう。
 
また、食べすぎも大きな原因です。
お腹いっぱいまで食べてしまうと、消化するのにたくさんのエネルギーを使います。
寝る直前に何かを口にすることも、消化活動に負担となるため避けましょう。
 
毎日お酒を飲むという方は、週に1度の休肝日を作るようにしてくださいね。

 

首筋のニキビは婦人系の不調

 

あごから下の首筋にニキビが繰り返しできるという方は、子宮筋腫や子宮内膜症の可能性があります。
また、女性ホルモンの分泌が低下してできてしまうこともあるようです。
この場合は、産婦人科で病気のチェックをしてもらうと安心です。
 
また、洗顔料のすすぎのこしが原因で毛穴を詰まらせてニキビができてしまうこともあります。
首周りは髪の毛が触れやすく汗をかきやすい場所でもありますので、常に清潔に保つようにすることも大切です。
 
ホルモンバランスの乱れやストレス、食事などが原因のニキビは規則正しい生活や栄養バランスのとれた食事で体の中から改善していくしかありません。
ニキビトラブルのない肌を目指して健康的な生活を心掛けましょう。