男女で違うニキビ肌改善法【顎ニキビ編】 | ニキビ@|ニキビアット

「にきび」に悩む、みなさんのためのポータルサイト

ホーム > ニキビ > 男女で違うニキビ肌改善法【顎ニキビ編】

男女で違うニキビ肌改善法【顎ニキビ編】

nikibi

ニキビ

男女で違うニキビ肌改善法【顎ニキビ編】

顔にできるニキビの中でも、特に治りにくいと言われているのが顎ニキビです。
顎ニキビは成人した男女ともにできやすいニキビであり、お悩みの方も多いはず。
しかし実はこの顎ニキビ、男性と女性で原因が異なることをご存じですか?

 

男性の顎ニキビ

 

男性は女性と比べ皮脂の分泌量が多く、成人してもほとんど皮脂の量は変わりません。
そのため女性よりも男性の方がニキビ肌になりやすいのです。
しかし、本来皮脂の分泌量が多いのは顎よりも額のTゾーン。
それなのになぜ顎にニキビができやすいのでしょうか。

 

原因はヒゲ剃り

 

男性の場合、毎日ヒゲを剃る方が多いはずです。
しかし、繰り返しヒゲ剃りを行うことでカミソリの刃が刺激となり、角質が硬くなることでニキビ肌に変化していきます。
角質が硬くなる「過角化」が起こると、毛穴が皮脂などの汚れで塞がりやすくなり、ニキビができやすくなってしまうのです。
さらにヒゲ剃りは肌のバリアを弱めるため、雑菌の影響を受けやすくしてしまいます。
その結果、ヒゲを剃るたびに顎ニキビができて治らなくなってしまうのです。

 

男性の顎ニキビの改善方法

 

男性の顎ニキビを改善するには、肌への刺激を極力減らすことが重要です。
しかし、ヒゲを剃らないで過ごすことは簡単ではありません。
そのため、ヒゲを剃る際はT字カミソリではなく電気シェーバーを使用する、シェービングクリームなどを使い、肌を保護しましょう。このように、肌に負担を掛けずにヒゲ剃りを行うことを意識してください。

 

女性の顎ニキビ

 

女性は男性のように毎日ヒゲを剃ることはありません。
しかし、繰り返しできる顎ニキビに頭を抱えている方も多いはず。
男性と比べ皮脂量が少ないためニキビ肌になりにくい女性。
それなのになぜ顎ニキビができてしまうのでしょうか。

 

原因はホルモンバランス

 

女性の場合は、月経の影響でホルモンバランスが崩れやすくなっています。
女性ホルモンには黄体ホルモンと卵胞ホルモンの2種類があり、黄体ホルモンは男性ホルモンと似たような働きをします。
皮脂量を増やし肌の保水力を低下させてしまうことで、ニキビ肌へと変わってしまうのです。
また女性の社会進出が進み、仕事によるストレスの影響を受けやすくなったことで、男性ホルモンが増えてしまうこともあります。
さらに、男性ホルモンの増加は、皮脂を増やし角質を硬くするなど、ニキビ肌の原因にもなります。
それだけでなく、顎はヒゲが生えるなどホルモンの影響を受けやすい部分でもあります。
そのためホルモンバランスが崩れると、顎ニキビができやすくなってしまうのです。

 

女性の顎ニキビの改善方法

 

ホルモンバランスは生活習慣の見直しを行うことで改善されます。
食生活が乱れていたり、運動不足になっていたり、ストレスを溜めこんだりしていませんか?
生活習慣を改善し、ホルモンバランスを整えることを意識しましょう。
また、女性の場合は肌の乾燥が原因でインナードライになり、ニキビ肌となってしまうこともあります。
そのため保湿ケアを行い、肌の乾燥を防ぐよう心掛けましょう。

 

顎ニキビは一度できると治りづらい厄介なニキビ。
だからこそ、顎ニキビを作らないための予防が重要となります。
ニキビができる原因を知り、適切なケアを行うことがニキビ肌改善への近道となります。