乾燥ニキビができる原因と3つの対処法とは? | ニキビ@|ニキビアット

「にきび」に悩む、みなさんのためのポータルサイト

ホーム > ニキビ > 乾燥ニキビができる原因と3つの対処法とは?

乾燥ニキビができる原因と3つの対処法とは?

nikibi

ニキビ

乾燥ニキビができる原因と3つの対処法とは?

ニキビにはいくつかの種類がありますが、冬の乾燥する季節になると悩まされるのが「乾燥ニキビ」です。
乾燥ニキビとはその名の通り、肌が乾燥することでできてしまうニキビのことをいいます。
 
一般的なニキビは、皮脂の分泌が過剰になることで皮脂が毛穴を詰まらせて炎症することでできてしまいます。
しかし乾燥肌の方でも、皮脂の分泌過多によってニキビができてしまうことも多いのです。
 
ではなぜ、乾燥肌の方が皮脂分泌過剰になってニキビに悩まされるのでしょうか?
乾燥肌が原因でできてしまう乾燥ニキビの対処法を3つ紹介します。

 

<乾燥が原因のニキビはなぜできる?>

 

乾燥した肌は水分を失い、柔軟性がなくなって角質が固くなります。
そのため毛穴も乾燥し、少しの皮脂でも詰まりやすくなってしまうため、乾燥ニキビができてしまうのです。
 
また肌が乾燥することで、肌内部の水分量が減り、肌が自分を守るために皮脂を分泌させます。
このとき、乾燥肌でも皮脂が過剰に分泌しすぎてしまうことがあるのです。
乾燥肌だからこそ、オイリーになってしまうのは「肌の水分不足」が一番の原因といえるでしょう。

 

<乾燥ニキビの対処法>

 

・保湿ケアを行う
乾燥ニキビの原因は、水分不足で肌が乾燥して角質が固くなってしまうためです。
それを防ぐためには、保湿ケアをして肌を柔らかく保つことがとても大切です。
 
化粧水の重ね付け、パックなどを取り入れて、肌内部の水分量を上げる努力をしましょう。
化粧水を塗るときには肌によく浸透させるようにハンドプレスをして、じっくり時間をかけるよう心掛けてください。
このひと手間を加えることで、みずみずしい肌を手に入れることができますよ。
 
保湿ケアはスキンケアの基本となります。
ニキビ以外の肌トラブル予防にも繋がるので、日々のケアが欠かせません。
 

・水分と油分のバランスを整える
肌にしっかり水分を含ませた後には、乳液などの油分でフタをしましょう。
油分でフタをすることで、肌内部の水分蒸発を防ぐことができます。
必要な水分と油分がキープされていると、肌が乾燥することもありませんし、皮脂の過剰分泌も起こりません。
 
乾燥ニキビを防ぐために最も大切なことは、水分と油分のバランスです。
ニキビが炎症を起こしている場合には、ニキビが出来ているところは避けるようにして塗ると良いでしょう。
 

・「界面活性剤」の含んだ化粧品を使用しない
化粧品には、スキンケア化粧品とメイク化粧品があります。
それらには「界面活性剤」が使われているものがあります。
 
なぜ界面活性剤が肌にとって良くないのかというと、界面活性剤を含んだ化粧品を使用すると、肌のバリア機能が破壊されてしまうからです。
界面活性剤は肌から浸透していき、バリア機能を破壊してしまうため、肌内部の水分を自分の力で蓄えることができなくなってしまいます。
 
しかし水と油を混ぜ合わせる界面活性剤は、ほとんどのクレンジング剤に使用されています。
そこでおすすめなのが、純石鹸です。
ウォータープルーフタイプのファンデーションなど濃いメイクは落とすことができませんが、パウダーファンデーションを軽くつけたくらいの薄いメイクであれば純石鹸で落とすことができます。
ニキビができている状態の肌を濃いメイクで隠してしまいたくなる気持ちは分かりますが、ニキビを治すことを考えて軽いメイクにとどめ、純石鹸でのクレンジングをするのが賢明です。
 
乾燥ニキビは、乾燥が原因でバリア機能が低下している状態です。
しっかりバリア機能を上げて、乾燥ニキビを撃退しましょう!