ニキビと睡眠は密接な関係がある!3つのポイントとは? | ニキビ@|ニキビアット

「にきび」に悩む、みなさんのためのポータルサイト

ホーム > ニキビ > ニキビと睡眠は密接な関係がある!3つのポイントとは?

ニキビと睡眠は密接な関係がある!3つのポイントとは?

nikibi

ニキビ

ニキビと睡眠は密接な関係がある!3つのポイントとは?

健康な肌を作るためには、良質な睡眠を欠かすことができないとよく聞きますよね。
なぜ肌と睡眠は密接な関係があるのでしょうか?
今回は肌と睡眠の関係性をご説明します。

 

睡眠中に肌の再生を促す成長ホルモンが分泌される

 

寝ている間に成長ホルモンが分泌されるのですが、この成長ホルモンは肌の再生を促し、肌のハリや弾力を維持します。
肌のターンオーバーを整え、古い細胞を除去して新しい細胞を作る役割もあるので、ニキビの解消にも効果があるというわけです。
 
ニキビが治った後の赤いニキビ跡やクレーターも肌のターンオーバーによって治すことができます。
肌の新陳代謝を活発にすることで、早く新しい細胞を生み出すことができ、美肌へと導くことができるのです。
睡眠が天然の美容液と呼ばれるように、美肌作りに睡眠は欠かすことができません。

 

睡眠にはストレスを軽減させる効果もある

 

ニキビなどの肌トラブルには、ストレスが大きく影響しています。
ストレスがたまるとニキビが悪化する原因は、自律神経が乱れるためです。
睡眠には自律神経を安定させ、ストレスを軽減する働きもあるので、ニキビで悩んでいる場合は、睡眠について考え直す必要があるのです。
 
人は体内時計が携わっていて、朝明るくなると体が目覚め、夜暗くなると体を休めます。
そのリズムで睡眠をとることで、自律神経を整えることができるのです。
朝と晩が逆のリズムで生活をしている人は、自律神経が乱れやすく、そのためニキビなどの肌トラブルで悩むということになるのです。
 
質の良い睡眠とは夜10~2時の間に睡眠に入っている状態です。
その時間に睡眠をとることができなくても、3~4時間の睡眠時間を確保するということが大切です。

 

質の良い睡眠のためには入浴がおすすめ!

 

質の良い睡眠にするためには、どのようにすればいいのか悩みますよね。
そんなときには、湯船に入ってゆっくり体を温めましょう。
眠りに入りやすい状態というのは、体温が低下してきたタイミングです。
入浴してあたたまった体が少し冷めてきたタイミングが、質の良い睡眠に入りやすいタイミングとなるので、ニキビで悩む人は入浴してからの就寝がおすすめです。
このようにニキビと睡眠には密接な関係があるということがわかりますよね。
ニキビで悩んでいる人は、ニキビケア化粧品ばかりに頼らずに、まず睡眠から考え直してみましょう!