ニキビを治すために毎日飲みたい飲料水の選び方 | ニキビ@|ニキビアット

「にきび」に悩む、みなさんのためのポータルサイト

ホーム > ニキビ > ニキビを治すために毎日飲みたい飲料水の選び方

ニキビを治すために毎日飲みたい飲料水の選び方

nikibi

ニキビ

ニキビを治すために毎日飲みたい飲料水の選び方

毎日2リットル以上の水を飲むことは健康の維持やダイエットにも効果的ですが、ニキビの改善や予防にも役立ちます。
水分不足は、体内の循環を悪くして便秘がちになるだけでなく、ニキビもできやすくなってしまうのです。
赤ニキビやニキビ跡の色素沈着の改善には、健康な肌へ生まれ変わるターンオーバーの繰り返しが大切なのですが、水分が不足していると血液がドロドロになってしまい、必要な栄養素が細胞に届きにくくなっている可能性があります。

たくさんの水分をこまめに補給してニキビを治すことができますが、とり過ぎることでかえってマイナスな働きをしてしまうものもあります。
ここではニキビに効果的な飲料水についてご紹介します。

アルカリイオン水

ph9~10の電解水をアルカリイオン水と呼びます。
偏った食生活やストレスなどで体内が酸性に傾くとニキビができやすくなります。
毎日2リットル以上を目安に飲むことで本来の弱アルカリ性の状態に戻すことができます。

炭酸水

二酸化炭素が血液中に多く取り込まれることで血管が広がり血流が促進されます。
血流が良くなることでターンオーバーが促進されるのでニキビ跡の解消にも効果があります。
人工的に二酸化炭素を加えただけのものより、ミネラルの含まれた天然のものを選ぶとさらに効果的です。

ミネラルウォーター

水に含まれるマグネシウムとカルシウムの量によって「軟水」と「硬水」に分けられます。
日本の水のほとんどは軟水で飲みやすく吸収が良いのですが、ニキビや便秘の改善には硬水が適しています。
ニキビが気になっている方は硬水を選ぶようにすると良いでしょう。
しかし、硬水は胃腸に負担がかかるので体調を見ながら飲む量を調節することが大切です。

水素水

ニキビはホルモンバランスの乱れやストレスが原因で悪玉活性酸素が増えてしまうことでできますが、水素水を飲むことで悪玉活性酸素を体外へ排出する効果が期待できます。
また、炎症を防ぐ効果もあるのでニキビの改善か期待できます。

緑茶や麦茶も

お茶の中にはビタミンやミネラル、食物繊維などが含まれるものもあり、水分補給に取り入れることで飽きずにたくさん飲むことができます。
・緑茶:ビタミンC
・ハト麦茶:ビタミンB、カリウム、カルシウムなど
・韃靼そば茶:ルチン

香りによるリラックス効果も期待できるので、ストレスを感じやすいときにゆっくりと飲むとよいでしょう。

健康のためには1日2リットル以上、ニキビの「改善」を目指すのなら3~4リットルを目安に飲むことをお勧めします。
一度に大量に飲んでも吸収しきれない分はすぐに尿として排出されてしまい、効果が得られません。
1時間にコップ1~2杯くらいを目安にこまめに飲むと良いでしょう。
体を冷やしてしまうと循環が悪くなったり胃腸に負担がかかったりするので、常温や温めた状態で飲むように心がけてください。