放置は禁物! ニキビから血が出た時の対処方法 | ニキビ@|ニキビアット

「にきび」に悩む、みなさんのためのポータルサイト

ホーム > ニキビ > 放置は禁物! ニキビから血が出た時の対処方法

放置は禁物! ニキビから血が出た時の対処方法

nikibi

ニキビ

放置は禁物! ニキビから血が出た時の対処方法

ニキビからの出血は、皮膚の炎症が悪化している証拠です。
そのまま放置しておくと炎症がさらに悪化し、ニキビ跡が残ってしまう恐れがあります。
ニキビから出血した時にはどうしたら良いのか、正しい対処方法をご説明いたします。

 

ニキビから出血する理由とは?

ニキビから血が出るのは、炎症が周りの皮膚にまで拡大してしまったため。
アクネ菌が増殖し、ニキビの中の膿が限界まで大きくなって破裂することで出血してしまいます。
血が出るほど悪化してしまったニキビは皮膚の奥深くにまで炎症が広がっているので、ニキビ跡やクレーターができやすい状態です。
跡を残さないためには、血が出た時に素早く正しい対処を行うことが大切になります。

 

ニキビから血が出た時の対処方法

ニキビから血が出てしまった場合は、以下の手順で正しく対応していきましょう。

 

1. 血をティッシュやガーゼで拭き取る

血が出たところを手で触るのは厳禁です。
手についている雑菌がニキビに付着し、さらに炎症が悪化してしまう可能性があります。
清潔なティッシュやガーゼで、軽く血を拭き取ってあげましょう。

 

2. 血が出たところを水ですすぐ

血を取り除いたら、水道水で軽くすすぎます。
洗顔料や石鹸で洗ったり、消毒したりする必要はありません。
殺菌力がかえって治りを悪くする可能性があるので、水ですすぐだけにしておきましょう。
水ですすいだ後は、清潔なタオルで水分を拭きとります。

 

3. 湿潤療法を行う

湿潤療法とは、傷ややけどを乾かさない治療法のこと。
この方法は血が出たニキビにも有効で、皮膚の再生を早めてニキビ跡ができるのを防ぐことができます。

 

湿潤療法は、市販のキズパワーパッドなど、「ハイドロコロイド」素材の絆創膏で行います。
血が出た箇所にハイドロコロイド素材の絆創膏を貼り、そのまま2日ほど待ちましょう。
なお、貼る直前はスキンケア用品や薬をつけないようにしてください。
水ですすいだだけの、まっさらな状態の肌に貼るようにしましょう。

 

4. ニキビをチェック

2日ほど経ったら、絆創膏を剥がして様子を見てみます。
まだ完治していない場合は、新しいキズパワーパッドに貼り替えましょう。
治っていたら貼り直しは不要です。
また、5日以上経っても改善が見られない場合は皮膚科で診察を受けるのをオススメします。

 

ハイドロコロイド素材の絆創膏を使った湿潤療法は、血が出た直後のニキビに適しています。
血が出て乾いてしまった後、かさぶたができてしまったニキビには適さないので注意が必要です。
また、血が出ていない白ニキビや黒ニキビにも効果がないので、使わないようにしましょう。