生クリームを食べ過ぎるとニキビが悪化する2つの理由 | ニキビ@|ニキビアット

「にきび」に悩む、みなさんのためのポータルサイト

ホーム > ニキビ > 生クリームを食べ過ぎるとニキビが悪化する2つの理由

生クリームを食べ過ぎるとニキビが悪化する2つの理由

nikibi

ニキビ

生クリームを食べ過ぎるとニキビが悪化する2つの理由

ショートケーキやプリンアラモード、生クリームの乗っているお菓子って甘くって本当においしいですよね。

ただ、女子の大好きな生クリームにはニキビを悪化させてしまう2つの理由があるんです!!

生クリームを食べ過ぎるとニキビが悪化する2つの理由

生クリーム

甘~い甘~い生クリームはニキビ悪化の原因。

生クリームを食べ過ぎるとニキビが出来たり、悪化するから食べ過ぎてはいけない、という話を聞いたことがありませんか?

「いやいや、そんなこと言ったって生クリーム美味しいし、食べたいじゃん!」

と反発する気持ちありますよね。

何となく生クリームがニキビに影響を及ぼす事を理解していたものの、なぜ生クリームを食べるとニキビが悪化するのか知らない人も多いのではないでしょうか。

今回は、生クリームを食べ過ぎるとニキビが悪化する原因を紹介します。

 

1.日本人の多くは、牛乳の成分を分解する酵素を持っていない

牛乳

牛乳を分解する酵素ってご存知ですか?

生クリームには動物性のものと植物性のもの、2種類ががあります。

動物性の生クリームには牛乳が原料として使われており、牛乳に含まれている動物性タンパク質がホルモンの働きに影響を与える力があるんです。

ホルモンバランスが乱れると皮脂の分泌が活発になり毛穴が詰まってしまうというのは、きっとご存知ですよね?

動物性生クリームは動物性たんぱく質が多く、皮脂分泌が過剰に行われてしまうので、ニキビが出来てしまうのです。

そのため動物性たんぱく質が入っている乳製品を食べると、ニキビが出来るといわれています。

ただ、人間は動物性タンパク質を分解する酵素をもっているので、牛乳を飲んだとしても酵素によって分解し、無害化することができます。

「ぢゃあ大丈夫なんぢゃないの??」と思うかもしれません。

しかし、日本人の大多数が牛乳の成分を分解する酵素をもっていないのです。

牛乳を飲んだ直後、お腹がゴロゴロ~っとお腹を壊してしまった経験ありませんか?

お手洗いにこもりきりになって動けなくなったり・・・。

実はこういう現象が起こる人は、この酵素を持っていないためお腹を壊してしまいます。

このように動物性タンパク質を分解する酵素をもっていない人が、乳製品を食べると動物性タンパク質の影響を受けてしまい、ホルモンバランスが乱れてしまうためニキビが出来やすくなってしまうといえるんです。。

 

2.脂肪分の多い乳製品は皮脂分泌が増加する

乳製品

脂肪分が多い乳製品はやばい。

ニキビは皮脂の過剰分泌により、毛穴が詰まることで発生します。

脂肪分の多い乳製品は皮脂の分泌を増加させる働きがあるため、ニキビが出来やすくなってしまうのです。

脂肪分の多い乳製品の代表が、生クリームです。

他にもバターやアイスなどを食べ過ぎると、脂性肌に傾くのでニキビができやすくなります。

ただ乳製品といってもすべてニキビを出来やすくするわけではありません。

例えば、チーズには細菌への抵抗力を高めるビタミンAが含まれているので、炎症を起こした赤ニキビを鎮静させる働きを期待することができます。

またヨーグルトの乳酸菌は整腸作用によって便秘を改善することができるので、ニキビなどの肌荒れを改善することができるのです。

美肌は腸内環境から、と言われるように便秘を解消し善玉菌を増やすことで、ニキビなどの肌トラブルを改善することができます。

またチーズやヨーグルトには、皮脂の分泌をコントロールする働きのあるビタミンB2が含まれています。

これらのことから、乳製品を食べるときにはどのような乳製品をどれくらい食べるのかということが重要なポイントになります。

牛乳を飲んでお腹を壊すという人は、乳製品を控えめにして、脂肪分を摂りすぎないようにしましょう。