ダーマローラーの正しい使い方とニキビが治る過程 | ニキビ@|ニキビアット

「にきび」に悩む、みなさんのためのポータルサイト

ホーム > ニキビ > ダーマローラーの正しい使い方とニキビが治る過程

ダーマローラーの正しい使い方とニキビが治る過程

nikibi

ニキビ

ダーマローラーの正しい使い方とニキビが治る過程

ダーマローラーというローラーをニキビのある肌に転がすだけで、ニキビが改善するといわれています。
一体、ダーマローラーとはどのようなものなのでしょうか。
今回は、ダーマローラーの使い方とニキビが治る過程をご紹介します。

 

ダーマローラーとは

ダーマローラーは、マイクロパイクといわれる極細の針がついたローラーです。
そのローラーをお肌の上に転がすだけで、目に見えないくらい微細な穴を肌に開けることができます。
ダーマローラーにより肌に小さな穴が開くと、肌は傷を治そうと働きサイトカインというタンパク質などを分泌します。
それによって真皮層のコラーゲンやエラスチンの生成を促進させます。

 

さらにダーマローラーによって開けた穴に、ビタミンCなどの有効成分を浸透させることで、効果的にニキビ跡を改善していくことができます。
さらに、ニキビ跡の治療だけでなく、シワなどの改善やエイジングケアなどにも有効な方法です。
ただ、ダーマローラーは医療機器なのでエステサロンでは行うことができず、医療機関を利用する必要があります。

 

具体的にダーマローラーをどのように使うの?

使用方法は単純で、麻酔クリームを塗った後に極細の医療用ステンレス針がついたダーマローラーを転がすだけです。
それと同時にビタミンCやヒアルロン酸、プラセンタなどの薬剤を肌に塗布し、肌の深部まで浸透させます。
極細の針で真皮まで穴をあけても、数時間で傷はふさがるので安心して施術を受けることができます。

 

効果を実感するまでに数か月かかる

症状によって個人差がありますが、2~6週間ごとに5,6回の治療を繰り返します。
そして3か月程度かけて、徐々に肌を生まれ変わらせるのです。
ニキビだけでなくエイジングケア効果も期待できるダーマローラーですが、メリットだけでなくデメリットもあります。

 

デメリットは、赤みや腫れ、炎症による一時的な色素沈着があるということです。
万が一、肌が腫れるとダウンタイムに3,4日必要になります。
また1回ではあまり効果を感じることができず、数回の治療が必要といわれています。

 

しかし、肌の再生効果が長く持続し、リーズナブルに利用できるという点からも人気の高い治療法です。
ニキビの治療にはレーザー治療などいろいろな方法がありますが、安く高い効果を期待するのであれば、ダーマローラーがおすすめです。
ニキビだけでなく、ニキビ跡にも効果的ですし、エイジングケアも期待できるので、女性の幅広い悩みを改善することができますよ。