ニキビを悪化させる? 界面活性剤が肌に与える影響 | ニキビ@|ニキビアット

「にきび」に悩む、みなさんのためのポータルサイト

ホーム > ニキビ > ニキビを悪化させる? 界面活性剤が肌に与える影響

ニキビを悪化させる? 界面活性剤が肌に与える影響

nikibi

ニキビ

ニキビを悪化させる? 界面活性剤が肌に与える影響

界面活性剤は洗剤やシャンプー、化粧品などに含まれていて、私たちの生活になくてはならない存在となっています。

 

しかし「界面活性剤は肌に負担を与えて、ニキビを悪化させてしまう……」という説もあるようです。
正しいニキビケアを行うために、界面活性剤の種類や影響力について詳しく探ってみましょう。

 

界面活性剤とは

界面活性剤は洗浄剤の主成分であり、本来は混じり合わないものを馴染ませる物質のことを指します。
たとえばコップに水と油を入れたとしましょう。
そのままだと水と油は混ざらず、分離してしまいます。

 

ですが、界面活性剤を入れると界面(境界)がなくなり、乳化した液体になります。
この働きが洗濯で汚れ落ちを良くしたり、クレンジング時にメイクを落としやすくする際に役立っているのです。

 

界面活性剤は肌に悪いの?

界面活性剤には何千もの種類があり、全てが肌に悪いというわけではありません。
そもそも界面活性剤は天然由来のものも存在し、無添加の石けんにも含まれています。
つまり界面活性剤を避けながら生活するなんてことは、とても無理な話なのです。

 

ただし石油から作られた合成界面活性剤には少し注意が必要になります。
合成界面活性剤が使われた洗顔料やクレンジング料は洗浄力が高く、肌の乾燥やバリア機能の低下を引き起こす恐れがあるのです。

 

また、合成界面活性剤は肌に浸透しやすいため、角質層を破壊してしまうことも。
その結果、ニキビが悪化したり、治りにくくなったりすると考えられています。

 

合成界面活性剤でニキビを悪化させないためには?

合成界面活性剤は多くの化粧品に入っているので、完全に避けることは難しいでしょう。
ただ、洗浄力の強い洗顔料やクレンジング料は、使う機会を減らしたほうがニキビに負担をかけません。
合成界面活性剤を使わない石けんを選んだり、洗い心地がマイルドなクレンジング料を選ぶことも大切です。

 

また、クレンジング料は長時間肌に乗せたままにせず、メイクと馴染んだら素早くすすぎ流しましょう。
そうすることにより、合成界面活性剤の悪影響を最小限に抑えることができます。
「クレンジングと同時にマッサージもしてしまう……」という習慣はNGなので注意してくださいね。

 

なお、乳液やクリームに含まれている界面活性剤については、それほど敏感になる必要はありません。
これらに含まれている界面活性剤はあくまでも乳化のためなので、肌に与える影響力は弱いのです。
刺激の少ない化粧品を選んで、優しく丁寧なニキビケアを続けていきましょう。