ニキビ菌の種類と炎症が起こるメカニズム | ニキビ@|ニキビアット

「にきび」に悩む、みなさんのためのポータルサイト

ホーム > ニキビ > ニキビ菌の種類と炎症が起こるメカニズム

ニキビ菌の種類と炎症が起こるメカニズム

nikibi

ニキビ

ニキビ菌の種類と炎症が起こるメカニズム

ニキビを引き起こすことで知られるニキビ菌ですが、実はこのニキビ菌自体は誰の皮膚にも住んでいる常駐菌の一種。
「ニキビ菌があるから必ずニキビが発生する!」というものではないのです。

 

それではなぜ、人によってひどい炎症を伴うニキビへと発展してしまうのでしょうか。
今回は、ニキビ菌からニキビ発症までのメカニズムと、意外と知られていないニキビ菌の種類について解説していきます。

 

ニキビ菌には主に2つの種類がある

ニキビの原因菌と呼ばれるもののうち、最もポピュラーなのは顔ニキビの原因になりやすい「アクネ菌」でしょう。

 

一方あまり知られていませんがニキビ菌にはもうひとつ「マラセチア菌」という種類があります。
マラセチア菌は背中ニキビや胸ニキビなど、顔以外の場所に表れるニキビの原因になっていることが多い菌です。
どのニキビに悩んでいるかによって、対策が必要なニキビ菌も変わってくるのです。

 

ニキビ菌+毛穴詰まりがニキビ発生のもと

アクネ菌もマラセチア菌も、嫌気性といって空気に触れるのを苦手とする性質を持っています。
そのため、風通しの良い場所では繁殖しにくく、皮膚に常駐していても悪さをすることはありません。
危険なのは、角栓でフタをされた毛穴の中に住み着いたニキビ菌です。
毛穴が詰まってしまうと、ニキビ菌の嫌いな空気にさらされることがありません。

 

さらに、ニキビ菌の大好物である皮脂が毛穴の中に溜まりやすいので、ニキビ菌にとってはまさにやりたい放題の環境。
そこに乾燥などで肌のバリア機能が低下すると、肌は自分自身を保護するために皮脂膜を張ろうとします。
そうなるとニキビ菌はさらに増殖し、やがてニキビを発症させてしまうのです。

 

毛穴の詰まりと皮脂の過剰分泌を抑えよう

ニキビ発生の引き金になってしまうのは、まず毛穴の詰まり。
それから、肌バリア機能の低下による皮脂の過剰分泌です。
これらを防いでニキビ菌の繁殖をおさえるためには、日頃から毛穴の詰まりを予防する洗顔と、その後の保湿ケアが欠かせません。

 

肌は乾燥を感じると、油分で肌を潤わせようと皮脂過剰になる傾向があります。
皮脂が多いとどうしても毛穴の詰まる原因にもなってしまうので、1日を通してなるべく肌が乾燥しないよう、たっぷり保湿を心がけましょう。
そうしてニキビ菌にとっては住み辛い環境をキープすることが、何よりのニキビケアになります。

 

肌にうるおいをたっぷりと与えて、つややかな肌を作りましょう!