汗の始末でニキビの症状が変わる!? ニキビと汗の関係 | ニキビ@|ニキビアット

「にきび」に悩む、みなさんのためのポータルサイト

ホーム > ニキビ > 汗の始末でニキビの症状が変わる!? ニキビと汗の関係

汗の始末でニキビの症状が変わる!? ニキビと汗の関係

nikibi

ニキビ

汗の始末でニキビの症状が変わる!? ニキビと汗の関係

汗をかくと、毛穴の掃除にもなったり老廃物が排出されたりするので、お肌にとっては良い影響を与えてくれます。
また、運動をして汗をかくことで新陳代謝も活発になり、ニキビを改善し肌トラブルを解決へと導くことができます。

 

しかし、汗には2種類あり、ニキビにとって悪い汗と良い汗があるのです。
今回は、ニキビと汗の関係について紹介します。

 

1. ニキビにとって悪い汗と良い汗の違いとは?

ニキビにとって悪い影響を与えるのは皮脂の多い汗で、背中やおでこ、鼻などニキビができやすいところにかく汗です。
この汗をかいたまま放置していると、ニキビをさらに悪化させてしまうので、すぐに拭きとることが大切です。

 

悪い汗を拭き取るときには、ティッシュやハンカチなどではなく、ウェットティッシュがオススメ。
程よく水分も含んでいるので、皮脂を含んだ粘り気のある汗も綺麗にふき取ることができます。

 

一方、ニキビにとって良い汗は、運動しているときにかく汗で、サラサラとしていることが特徴です。
しかし、いくら良い汗といっても、そのたまま放置しているのは、ニキビにとってよくありません。
運動後に汗をかいたときは、シャワーで全身の汗を流すのが良いでしょう。

 

シャワーが使用できないときは、濡れたタオルやウェットティッシュを使いましょう。
汗を拭き取るときには、ゴシゴシと肌を強くこすらずに、優しく押し当てるように汗ふくのもポイントです。

 

2. 1日のうちでニキビを悪化させる汗とは?

汗をかきやすく、つい放置しやすいタイミングとしては、起床時です。
寝ているときは想像よりも汗をかいている状態なので、シーツや枕カバーなどは定期的に洗うようにしましょう。
汗を吸収したまま放置していると、雑菌が繁殖するので、首や顔のニキビの原因になるだけでなく、ニキビを悪化させてしまうことになります。
とくに夏の暑い季節は、毎日シーツを取り換えるように心掛けましょう。

 

また、起きてすぐにシャワーを浴びると、睡眠中にかいた汗をキレイに流すことができます。
夜寝ている間にかいた汗をそのまま放置していると、次の日1日中汗をかいたままで過ごさなければいけないので、肌への負担は大きくなります。

 

汗をかくということは、お肌にとっても体にとっても良いことですが、汗をかいたあとの処理を忘れてはいけません。
いつまでも汗を放置していると、雑菌が繁殖し、臭いの原因にもなります。
汗をかいたらすぐに拭きとるということを意識して、ニキビの悪化を予防しましょう。
身の回りやお肌を清潔に保っていると、ニキビ改善にも効果的ですよ。
うまく汗をかいて、ニキビを改善し、キレイな素肌を手に入れてくださいね。