紫外線に当たると「ニキビが悪化する 5つの理由」 | ニキビ@|ニキビアット

「にきび」に悩む、みなさんのためのポータルサイト

ホーム > ニキビ > 紫外線に当たると「ニキビが悪化する 5つの理由」

紫外線に当たると「ニキビが悪化する 5つの理由」

nikibi

ニキビ

紫外線に当たると「ニキビが悪化する 5つの理由」

健やかな肌を保ちたい女性にとって、紫外線は百害あって一利なしと言われるように、お肌にとって大敵です。
お肌の老化を進行させるだけでなく、ニキビも悪化させてしまいます。

 

でも一体なぜ紫外線がニキビを悪化させてしまうのか、詳しい理由を知らない女性も多いでしょう。
今回は、紫外線に当たるとニキビが悪化する理由を詳しく紹介します。

 

1. UVBにより活性酸素が発生

紫外線にはUVAとUVBという2種類があり、とくにUVBを浴びると活性酸素が発生します。
活性酸素が大量に発生すると、肌にダメージを与えてしまうのです。

 

さらに活性酸素は皮脂を酸化させる作用があり、酸化した皮脂は毛穴を詰まりやすくします。
毛穴詰まりはニキビができてしまう大きな原因の1つ。
このことから紫外線はニキビを悪化させてしまうということが分かります。

 

2. バリア機能を攻撃することにより角質が厚くなる

紫外線を浴びると、肌の水分が奪われて乾燥状態に陥ります。
肌が乾燥してしまうとバリア機能が低下し、肌が自分自身を守るために、角質を厚くしてしまいます。
角質が厚くなると、毛穴が詰まりやすくなり、ニキビが発生してしまうのです。

 

3. スクワレン過酸化物質が発生

皮膚に存在するスクワレンという成分は、酸化しやすい性質であるため、紫外線を浴びることで酸化してしまいます。
また、そのまわりの皮脂も同時に酸化してしまうので、毛穴が詰まってしまいニキビの原因となります。

 

4. 色素沈着を起こしニキビ跡ができる

炎症を起こしているニキビに紫外線が当たると、メラニンの生成が促進されるので、色素沈着を起こしやすくなります。
そのためニキビが治りにくくなるだけでなく、色素沈着によるニキビ跡も残してしまうのです。
色素沈着を起こしたニキビ跡の改善は難しいので、色素沈着を起こさないように、紫外線対策を行わなければいけません。

 

5. アクネ菌から作り出されるポルフィリンが紫外線を吸収して活性酸素を発生

紫外線を浴びることで、アクネ菌がポルフィリンという毒素を排出させます。
このポルフィリンは、アクネ菌の代謝する過程で作られるもので、通常は無害です。
しかし紫外線を吸収すると、ニキビの原因となる活性酸素を発生させるので、ニキビができてしまうのです。

 

このように紫外線を浴びてしまうと、ニキビが悪化するだけでなく、ニキビができる原因を作りだしてしまいます。
ニキビがないときも紫外線対策を行う必要がありますが、とくにニキビがあるときは悪化させないように、いつも以上に紫外線対策に気をつかいましょう。
紫外線対策をしっかりと行って、いつまでもトラブルゼロの素肌を維持してくださいね。