体にできるニキビの原因は「マラセチア菌」って本当? | ニキビ@|ニキビアット

「にきび」に悩む、みなさんのためのポータルサイト

ホーム > ニキビ > 体にできるニキビの原因は「マラセチア菌」って本当?

体にできるニキビの原因は「マラセチア菌」って本当?

nikibi

ニキビ

体にできるニキビの原因は「マラセチア菌」って本当?

顔だけでなく、体にもニキビができるということに悩んでいるという方も多いのではないでしょうか。
とくに背中や胸など皮脂分泌の活発な部分は、ニキビができやすいので注意が必要です。
そして、体にできるニキビも顔のニキビと同じように、市販のニキビ治療薬を使う方が多いですが、実はこれが体のニキビを悪化させてしまう原因となることがあります。
顔ニキビと体ニキビの原因は異なるため、それぞれに合わせた治療法を行うことが大切なのです。
今回は、体にできるニキビの正体とその原因、ケア方法をご紹介していきます。

 

体にできるニキビの原因は「マラセチア菌」?

顔にできるニキビはアクネ菌が主な原因ですが、体にできるニキビはマラセチア菌が原因となっている場合がほとんどです。
アクネ菌もマラセチア菌のどちらも、もともとお肌に棲みついている常在菌なので、特別珍しい菌というわけではありません。
体にできるニキビはマラセチア菌が原因で、「マラセチア毛包炎」と呼ばれています。

 

「マラセチア毛包炎」はどのように発症するの?

マラセチア毛包炎も、顔のニキビと同じようなプロセスで発症します。
毛穴に皮脂が詰まり、そこにマラセチア菌が増殖することで、皮脂分解酵素のリパーゼを分泌します。
そうすると皮脂を遊離脂肪酸とグリセリンに分解し、遊離脂肪酸が酸化されると毒性のある過酸化脂質に変化して炎症へと発展するのです。

 

またアクネ菌は首から上に多い常在菌で、マラセチア菌は首から下に多い常在菌といわれています。
そのため首から下に発症したニキビは、マラセチア毛包炎と考えてよいでしょう。

 

マラセチア毛包炎の対処法は?

マラセチア毛包炎は、薬で改善することができます。
皮膚科を受診すると、症状に合わせて抗真菌外用薬や内服薬が処方され、抗真菌薬による治療を行えば、1~2か月ほどで治る場合がほとんどです。

 

また、マラセチア菌が頭皮で増殖すると、脂漏性脱毛の原因にもなります。
そのためマラセチア毛包炎が大量にできている場合や治りにくい場合は、すぐに医療機関を受診しましょう。
マラセチア菌は皮脂と湿気を好むので、体を清潔に保つという事が、マラセチア毛包炎の予防と改善につながります。

 

背中やお尻などにニキビができると、見た目が悪いだけでなく、顔ニキビと同じように痛みを伴います。
マラセチア毛包炎を見つけた場合は、すぐに皮膚科を受診し、普段の生活でマラセチア毛包炎にならないように体を清潔に保ちましょう。