ニキビ治療における「トラネキサム酸」の使い方・注意 | ニキビ@|ニキビアット

「にきび」に悩む、みなさんのためのポータルサイト

ホーム > ニキビ > ニキビ治療における「トラネキサム酸」の使い方・注意

ニキビ治療における「トラネキサム酸」の使い方・注意

nikibi

ニキビ

ニキビ治療における「トラネキサム酸」の使い方・注意

シミや肝斑の治療薬として有名な「トラネキサム酸」ですが、ニキビケアにも応用できるってご存じでしたか?

 

ただし使用する際はトラネキサム酸の性質を理解し、正しく使うことが大切です。
トラネキサム酸がどのような肌に適しているのか、使い方や注意点をあわせてご紹介いたします。

 

トラネキサム酸とは

トラネキサム酸とはアミノ酸の一種であり、止血剤として利用されています。
さらには美白作用があるとされ、シミや肝斑の治療にも用いられるようになりました。
副作用はほとんどないと言われるほど、安全性が高い成分となっています。

 

ニキビ治療におけるトラネキサム酸

トラネキサム酸にはメラニンの生成を抑制する作用があります。
そのため、ニキビ治療ではニキビ跡の改善に効果的です。
炎症系の色素沈着型、つまり茶色がかったニキビ跡に効果を発揮し、透明感のある肌へと近づけてくれます。

 

しかしクレーター状のニキビ跡にはそれほど効果が期待できません。
くぼんだニキビ跡は傷跡のようなものなので、トラネキサム酸では改善が期待できないのです。
そのため、トラネキサム酸を利用する際は、自分のニキビ跡がどちらか判断したうえで使うことをおすすめします。
どちらか判断できない時は、皮膚科の医師に相談しましょう。

 

トラネキサム酸をニキビケアに使うには

≪内服薬で服用する≫
トラネキサム酸をニキビケアに利用する場合は、内服薬か化粧品のどちらかで取り入れます。
内服薬には市販品の他、病院で処方される「トランサミン」があるので、手に入れやすいものを選びましょう。

 

ただし安全性が高い薬とはいえ、注意点がいくつかあります。
トラネキサム酸には止血作用があるため、トロンビンという止血剤と一緒に服用するのは禁忌とされています。

 

また、血栓ができやすい人、術後で安静にしている人、腎不全のある人は慎重に服用する必要があります。
その他、飲んでいて食欲不振や吐き気、アレルギー症状が起きた場合は、服用を中止しましょう。

 

≪化粧品でスキンケアをする≫
最近ではトラネキサム酸が配合された化粧品がたくさん販売されています。
化粧品では副作用や美白被害も報告されていないので、内服薬より手軽に利用できるでしょう。
ただし即効性があるわけではないため、毎日こまめにコツコツ使うことが大切になります。

 

ニキビ跡のケアに使用する際は、丁寧に洗顔した後、肌を刺激しないように優しくつけてください。
保湿ケアと同時に取り入れると肌のターンオーバーが改善され、より高い効果が期待できますよ。