潰していいの? 耳ニキビができる4つの原因と対処法 | ニキビ@|ニキビアット

「にきび」に悩む、みなさんのためのポータルサイト

ホーム > ニキビ > 潰していいの? 耳ニキビができる4つの原因と対処法

潰していいの? 耳ニキビができる4つの原因と対処法

nikibi

ニキビ

潰していいの? 耳ニキビができる4つの原因と対処法

ニキビは顔や胸、背中にできやすいものですが、まれに耳の中や耳周りにできてしまうことがあります。
中にはかゆみや痛みを伴うものもあって、困ってしまいますよね。
正しくケアするためにも、耳ニキビができる主な原因を探ってみましょう。

 

耳ニキビができる原因とは

≪1.汚れ・雑菌≫
耳の中や耳周りは、意外と洗うのを忘れてしまう場所です。
洗ったとしても複雑な形をしているため、隅々まで洗うのには手間がかかります。
そのため、汚れが溜まりやすく菌の繁殖を招いてしまうのです。
また、耳に触れる枕カバーやイヤホンの汚れにも注意が必要です。
不衛生にしていると雑菌が繁殖し、それが耳に触れることで皮膚の炎症が起こりやすくなります。

 

≪2.ホルモンバランス≫
もともと耳には皮脂が分泌される皮脂線があります。
そのため、寝不足やストレスでホルモンバランスが乱れると、顔と同じように耳も脂っぽくなります。
顔の肌であれば皮脂の増加にすぐ気づいて洗顔やケアができますが、耳にまでは意識が回りません。
その結果、耳の毛穴に皮脂が詰まって、ニキビができてしまうのです。

 

≪3.耳の傷≫
「普段から何気なく耳に触ってしまう……」という人は多いもの。
また、耳かきで血が出るほど強くこすってしまう人も少なくありません。
しかしその行為は耳に傷を作るうえに、手や爪、耳かきから雑菌を付着させてしまいます。
そんなことをすれば皮膚が炎症を起こして、ニキビが発生してしまうのも仕方がないといえるでしょう。
耳掃除をする際は清潔な手や耳かきで、傷をつけないように優しく触れることが大切です。

 

≪4.洗浄剤などのすすぎ残し≫
耳は髪の毛と隣り合わせのため、シャンプー、トリートメントなどが必ず付着します。
顔の洗い方によっては、洗顔料がついてしまう人もいるでしょう。
しかしこれらの洗浄剤やトリートメントには、毛穴トラブルを招く油分や界面活性剤が含まれています。
そのため、すすぎが十分でないと、ニキビの原因となってしまうのです。
シャンプーはもちろんのこと、トリートメントも残らないようにしっかりとすすぐようにしましょう。

 

潰してはダメ! 耳ニキビのケア方法

耳ニキビを早く治したいからといって、潰してしまうのはNGです。
潰してしまうとかえって雑菌が入り込み、ニキビが悪化してしまいます。
わずらわしく思えるかもしれませんが、潰さないように皮膚や耳に触れるものを清潔に保って様子見るようにしましょう。
万が一痛みが伴って悪化していくようであれば、耳鼻咽喉科や皮膚科での治療をおすすめします。

 

まずは耳ニキビができないように耳のなかを清潔な状態に保つことから始めてみてはいかがでしょうか。