こんなところにも? 脇の下にできるニキビの原因と対策 | ニキビ@|ニキビアット

「にきび」に悩む、みなさんのためのポータルサイト

ホーム > ニキビ > こんなところにも? 脇の下にできるニキビの原因と対策

こんなところにも? 脇の下にできるニキビの原因と対策

nikibi

ニキビ

こんなところにも? 脇の下にできるニキビの原因と対策

ニキビは顔にできるもの、とばかり思っていませんか?
汗をかきやすく、また皮膚が薄い脇の下は、実はニキビができやすい部位なのです。
もし脇の下にニキビができてしまった場合、放置するのは危険だといわれています。
そこで今回は、脇の下にニキビができてしまう原因と、対策法について紹介します!

 

制汗剤が原因に!?

顔にできるニキビの原因は、過剰な皮脂の分泌による毛穴の詰まりによるものです。
またストレスや生活習慣の乱れなどによってもできやすくなります。
では脇の下にできるニキビの原因はどんなことが考えられるのでしょうか。
脇の下にできるニキビも、大きな原因は毛穴の詰まりです。

 

しかし脇の下は皮脂の分泌は少なく、皮脂が原因とは考えづらいですね。
そこで、脇の下のニキビの原因として考えられるもののひとつには、制汗剤があげられます。
夏は汗を抑えるためやにおいの軽減を目的として、制汗剤を日常的に使っている人も多いでしょう。
制汗剤には細かいパウダーが入っているものが多く、これが毛穴を詰まらせてしまう原因となるのです。

 

間違った自己処理も原因

脇の下のムダ毛を自己処理しているという人も多いでしょう。
間違った自己処理を繰り返していると、毛穴に負担がかかり炎症を起こしやすくしています。
開いた毛穴は最近が入り込みやすく、そこからニキビができてしまうということも珍しくありません。
また、脇の下をごしごしこすることもニキビの原因になります。

 

制汗剤はしっかりオフしよう!

制汗剤が脇の下に残った状態が続くと、脇の下の毛穴をふさいでしまいます。
お風呂ではささっと洗って済ませてしまう人も多いですが、たっぷりの泡でやさしく洗うことで、制汗剤をしっかりオフすることがポイントです。
きちんとオフした後は、保湿をしましょう。
乾燥はニキビにとっては大敵です。
顔用のスキンケア化粧品でOKなので、脇の下のまできちんとケアすることが大切です。

 

自己処理は慎重に!

脇の下のムダ毛を自己処理する場合、事前ケアとアフターケアが大切です。
処理をする前に脇の下を温めておき、毛穴を開いておきましょう。
そのあと毛抜きなどで肌を引っ張らないように、やさしく抜いてあげます。
カミソリなどを使用する場合は、毛の流れに沿って剃ります。
処理後はローションなどで肌の表面を整えて、さらに清潔を保ちましょう。

 

脇の下にニキビが出来やすい方は、制汗剤がオフできていなかったり、自己処理方法が間違っている恐れがあります。
今日からお手入れ方法を見直してみてくださいね。