ラベンダーがニキビケアに使える! 使い方と注意点とは | ニキビ@|ニキビアット

「にきび」に悩む、みなさんのためのポータルサイト

ホーム > ニキビ > ラベンダーがニキビケアに使える! 使い方と注意点とは

ラベンダーがニキビケアに使える! 使い方と注意点とは

nikibi

ニキビ

ラベンダーがニキビケアに使える! 使い方と注意点とは

アロマや消臭剤などに利用されている、ラベンダーのエッセンシャルオイル。
その香りにはリラックス効果があることで有名ですが、実はニキビケアにも使えるってご存じでしたか?
どうしてラベンダーがニキビに効くのか、効果的な使い方と共にご紹介します。

 

ラベンダーがニキビに効く理由とは

≪抗菌作用がある≫
ラベンダーには抗菌作用があるため、ニキビ菌の繁殖を防ぎ、改善を促してくれます。
殺菌効果もあることから、虫刺されや水虫対策に利用されることもあります。

 

≪鎮静作用がある≫
ラベンダーの香りがリラックス効果をもたらしてくれるのは、酢酸リナリルとリナロールという成分のおかげ。
これらの成分には鎮静作用があるため、自律神経の乱れやストレスなど、心身の疲れから発生するニキビにも効果を発揮します。

 

ニキビケアに使えるラベンダーオイルとは

ニキビケアに使用可能なのは、ラベンダーのエッセンシャルオイル(精油)です。
エッセンシャルオイルは純度が高いため、スキンケアにも利用できます。
なお、芳香剤に使われるアロマオイルは肌に直接使えないため、使用する際は間違えないようにしましょう。

 

ラベンダーオイルの使い方

≪綿棒で直接つける≫
綿棒にラベンダーオイルを1、2適つけて、ニキビに直接塗りましょう。
通常、エッセンシャルオイルの原液は希釈しないと使えませんが、ラベンダーオイルは直接つけても問題ありません。
ただし比較的肌に優しいオイルとはいえ、つけ過ぎないように注意してくださいね。

 

≪フェイシャルスチームに利用する≫
洗面器に熱めのお湯とラベンダーオイルを2適加えて、その蒸気を顔に浴びましょう。
たったこれだけで、ラベンダーの効能をプラスしたフェイシャルスチームが完成します。
スキンケア前に使うことで肌が柔らかくなり、ニキビを改善する効果が期待できます。
蒸気が逃げないように、タオルを頭からかぶった状態で浴びると効果的です。

 

ラベンダーオイルの注意点

≪使用前にパッチテストをする≫
ラベンダーオイルに限ったことではありませんが、まれに肌に合わなかったり、アレルギー症状が出てしまう場合があります。
事前にパッチテストをして、問題がないことを確認してからニキビに使用しましょう。

 

≪妊婦・子供には使用しない≫
ラベンダーには通経作用や月経促進作用があるため、妊娠中の方は使ってはいけません。
また、肌が比較的敏感な小さいお子さんへの使用も避けましょう。

 

リラックス効果をもたらしてくれるラベンダーの意外な効果。
ニキビにお悩みの方は、一度試してみてはいかがでしょうか。