胃からのSOS? 口周りのニキビの原因と早く治すケア方法 | ニキビ@|ニキビアット

「にきび」に悩む、みなさんのためのポータルサイト

ホーム > ニキビ > 胃からのSOS? 口周りのニキビの原因と早く治すケア方法

胃からのSOS? 口周りのニキビの原因と早く治すケア方法

nikibi

ニキビ

胃からのSOS? 口周りのニキビの原因と早く治すケア方法

「最近口周りに集中してニキビができる…」という人は、内臓が疲れているのかもしれません。
特に胃が荒れていると、口周りにニキビができやすいといわれています。
そんな困ったニキビを早く治すために、体の内側と外側からアプローチするケア方法を探ってみましょう。

 

口周りにニキビができる原因とは

ニキビや肌荒れが口周りに出るのは、胃が関係しているといわれています。
口から胃は直結しているため、胃に不調があると口の皮膚にも異常が現れてしまうのです。

 

また、胃が荒れるとそこに血液が集中し、皮膚に栄養が行き渡らなくなります。
その結果、体からのSOSとして、ニキビなどの肌荒れが発生してしまうのです。

 

口周りニキビのケア方法~体の内側編~

≪胃腸を休ませる≫
口周りにニキビができたら、まずは胃を休ませることが大切です。
肉類や脂質の多い食事は消化が悪いので一旦お休みし、野菜や米を柔らかく煮たものを食べるようにしましょう。
消化の良いものを選んで食べることで胃が元気になり、口周りのニキビの改善へとつながります。

 

≪冷たい飲み物を避ける≫
冷たい飲み物は胃腸に負担をかけるため、食欲不振や体調不良を招く原因になります。
飲み物はできるだけ温かいもの、もしくは常温のものを飲んで、胃腸をいたわってあげましょう。

 

≪リラックスタイムを作る≫
ストレスを受けると胃の働きが鈍くなり、荒れやすい状態になってしまいます。
ストレスは極力避けて、1日の終わりには心を休めるリラックスタイムを作るようにしましょう。

 

口周りニキビのケア方法~体の外側編~

≪ゴシゴシ洗わない・拭かない≫
口周りの皮膚は薄く、とてもデリケートです。
洗顔時は泡をすべらせるだけにして、歯磨き後や食事で汚れた後は水で軽くすすぐだけにしましょう。

 

≪保湿ケアで保護≫
口周りの皮膚が乾燥して硬くなっていると、ニキビができやすくなってしまいます。
いつも使っている化粧品を重ね塗りするか、ワセリンなどを使って、念入りな保湿を心がけましょう。

 

≪むやみに触らない≫
口周りの皮膚を手でこすったり爪でかいたりすると、ますますニキビの悪化につながってしまいます。
丁寧な洗顔と保湿でケアをした後は、むやみに触らないようにしましょう。
頬杖をつくなど、顔に触れる癖がある場合は意識して直すことが大切です

 

≪マスクは厳禁≫
マスクは口周りの皮膚を刺激するうえに、湿気がこもってニキビが悪化する原因になります。
マスクの使用は一旦中止して、ニキビの改善に集中しましょう。

 

目立ちやすい口周りのニキビ。
正しい対処法で早い改善を目指してください。