ニキビ改善に役立つ「魚の食べ方」 | ニキビ@ニキビ@|ニキビアット

「にきび」に悩む、みなさんのためのポータルサイト

ホーム > ニキビ > ニキビ改善に役立つ「魚の食べ方」

ニキビ改善に役立つ「魚の食べ方」

nikibi

ニキビ

ニキビ改善に役立つ「魚の食べ方」

ニキビを改善させるためには、肉よりも魚をメインに食べたほうが良いといわれています。
でも具体的に魚の何が良いのかは、あまり詳しく知られていませんよね。
そこで、魚が持つニキビ改善効果と、おすすめの魚の種類をご紹介します。

 

魚に含まれる栄養素とニキビ改善効果

≪ビタミンB群≫
魚に含まれているビタミンB群は代謝を促進させ、健康な肌や爪を作る手助けをしてくれます。
また、皮脂量をコントロールする作用もあるため、過剰な皮脂が原因となるニキビや脂漏性皮膚炎を予防してくれます。

 

≪オメガ3脂肪酸≫
魚に多く含まれているオメガ3脂肪酸は血液をサラサラにして、血流を改善します。
それにより多くの健康効果・美肌効果をもたらし、ニキビの改善や予防につながります。

 

≪タンパク質≫
肌はタンパク質でできているため、綺麗な肌を作るためにはタンパク質の補給が欠かせません。
魚には良質なタンパク質が豊富に含まれていますから、積極的に摂取することでハリとツヤのある肌に近づきます。

 

肉じゃダメなの?

肉類にもビタミンB群やタンパク質は含まれているため、「肉じゃダメ?」と思われる方も多いはずです。
しかし肉の脂質には飽和脂肪酸が多く、食べ過ぎると中性脂肪や悪玉コレステロール値が上昇し、血液がドロドロになります。
そうなると肌にも栄養が行き渡りにくくなるので、ニキビが改善するどころか悪化してしまう恐れがあるのです。
ですから、肉の量は控えめにして、魚と野菜中心の食生活を心がけていきましょう。

 

どんな魚を食べれば良いの?

≪青魚≫
イワシ、サバ、サンマ、アジなどの青魚には、上記で挙げた栄養素がいずれも豊富に含まれています。
なお、オメガ3脂肪酸は酸化に弱く加熱がNGといわれていますが、青魚に含まれるオメガ3脂肪酸は加熱に強く、変質しにくくなっています。
焼き魚や煮魚など、好きな調理法で美味しく食べて、肌に良い栄養素を吸収しましょう。

 

≪鮭≫
鮭には上記で挙げた栄養素の他、アスタキサンチンという抗酸化成分が含まれています。
アスタキサンチンにはアンチエイジング・美白作用があり、化粧品にも加工されるほどの美肌効果を持っているため、ニキビの改善にもおすすめです。

 

美肌効果を高める魚の食べ方は?

魚に含まれている栄養素を効率よく補給するためには、魚の油もしっかり食べることが大切です。
そのため、魚の油を落とすような調理法や、「ダイエットのために……」と油を除いて食べるのは控えましょう。
生魚であれば酵素も摂れるため、新鮮な魚を刺し身で食べる方法もおすすめです。

 

現代では魚を食べる機会が以前よりも少なくなっていますが、美容や健康を考えると欠かせない食材といえるでしょう。
さまざまな調理法を試して、美味しく魚を食べてくださいね。