ターンオーバーの正常化とニキビの悪化・改善の関係 |ニキビ@|ニキビアット

「にきび」に悩む、みなさんのためのポータルサイト

ホーム > ニキビ > ターンオーバーの正常化とニキビの悪化・改善の関係

ターンオーバーの正常化とニキビの悪化・改善の関係

nikibi

ニキビ

ターンオーバーの正常化とニキビの悪化・改善の関係

肌にできてしまうニキビは見た目にも気になり、深刻な悩みに発展してしまうことも多いもの。
高価な化粧品などでニキビケアを行う方も少なくありませんが、実はニキビを改善するために最も重要なのはターンオーバーを正常化すること。
ターンオーバーとニキビの関係や、ターンオーバーを正常化するための方法などについて紹介していきます。

 

ターンオーバーとニキビの関係とは

ニキビは毛穴に詰まった古い角質や皮脂により、アクネ菌が繁殖し炎症を起こしてできてしまうもの。
ターンオーバーが乱れて肌が固く乾燥してしまうと、毛穴は皮脂を排出できなくなり角質や皮脂が詰まりやすくなります。
それにより、ニキビの発生リスクを高めてしまいます。

 

ターンオーバーが長くなっている状況では肌の代謝が遅くなるため、ニキビの改善にも時間がかかりニキビ跡が残ってしまう恐れも。
一方、ターンオーバーが短くなっている場合は、肌の再生が間に合わず水分保持機能の低い未熟な皮膚が作られるため、肌がより乾燥に傾きニキビが出来やすくなってしまいます。

そのためニキビの発生・悪化を防ぐためには、まずターンオーバーを整えていくことが非常に重要なポイントになるのです。

 

ターンオーバーを整える方法とは

・生活習慣を改善する
ターンオーバーを正常化するために、最も大切なのは生活習慣を見直すこと。
睡眠不足やストレス・食生活の悪化は、ターンオーバーの乱れだけでなくホルモンバランスの乱れを引き起こすなどニキビ発生の大きな原因になってしまいます。
睡眠時間をなるべく6時間以上取り、寝る前には携帯やパソコンの画面を見ない・寝る2時間前に入浴するなどの工夫を取り入れたり、食事のバランスに気をつけ規則正しい生活を送るように心がけていきましょう。

 

また、適度な運動を取り入れるのも、ストレス緩和や睡眠の質を上げる効果が期待できオススメ。
激しい運動ではなく、無理なく続けられるウォーキングやジョギングなどを選ぶと良いですね。
他にも積極的に趣味の時間を持つなどして、ストレスケアも継続して行っていきましょう。

 

・スキンケアの見直し
ピーリングや洗顔のやりすぎがターンオーバーを短くし、ニキビ肌を作る原因になってしまっていることも。
心当たりがある場合は、なるべく洗浄力がマイルドな洗顔料にする・朝は「水だけで洗顔」をするように心がけるなど、洗顔料やピーリングによるスキンケアを減らしてみるのも良い方法です。

 

なかなかセルフケアでは改善が難しいニキビ跡ですが、ターンオーバーを整えることで改善効果も期待できます。
特に赤や茶色などの色素沈着が残ってしまったものは、ターンオーバーが停滞しているため改善しないというケースもあるので、ターンオーバーを正常化するだけでニキビ跡を薄くしていくことができます。
ただニキビもニキビ跡も、改善までには時間がかかるもの。
無理に急いで治そうとはせず、根気よくターンオーバーを整えるケアを続けていきましょう。