ニキビ跡の最終兵器「レーザー治療」とは?| ニキビ@ニキビ@|ニキビアット

「にきび」に悩む、みなさんのためのポータルサイト

ホーム > ニキビ > ニキビ跡の最終兵器「レーザー治療」とは?

ニキビ跡の最終兵器「レーザー治療」とは?

nikibi

ニキビ

このブログではニキビ跡の治療で有効的な
レーザー治療についてお話しています。

 

今までニキビ跡が気になって色々な商品を試したけど
効果が実感出来なかった。そんな方も多いと思います。

そこで今回はニキビ跡の最終兵器!
「レーザー治療」についてお話します。

レーザー治療とは

ニキビ跡と言っても様々なお悩みがありますよね。
ニキビの後に出来るシミで悩んでいたり、
クレーターなどお肌の凹凸で悩んでいたり。

 

そんな様々なニキビの症状に効果的な
治療法の一つがレーザー治療です。

 

ニキビ治療に用いられるレーザー治療は、
皮膚に波長の異なったレーザーを照射することにより沢山の小さな穴をあけ、
そこからニキビの原因とされる毛穴を詰まっている古い角質、
皮脂を溶かすことによってニキビを治療することをいいます。

レーザー治療の種類

まずは様々な症状に効果的な
レーザー治療の種類についてご説明します。

 

★フラクセル
皮膚を入れ替え、新しい肌にリセットする画期的なレーザー治療。

くすみ、色素沈着、小じわ、たるみ、ニキビ跡、毛穴の開き、
傷跡・火傷跡などのあらゆるトラブル肌そのものを入れ替えて
なめらかな肌へと導くことを目的としています。
劇的な美肌・整肌効果が得られることが、大きな特徴です。

 

★アンコア(ブリッジセラピー)
ウルトラパルス炭酸ガスレーザー治療。

傷跡やニキビ跡、妊娠線などの
肌の表面だけの治療では対応できない症状に効果的です。
アンコアによる治療は皮膚を蒸散させてしまうほどのレーザーで
皮膚にダメージを与え、皮膚が自然と再生する力を利用して
ニキビ跡などの皮膚の悩みを解決する治療法です。
強力な効果を持ちますがダウンタイムは長めです。

 

★Vビームレーザー
治療後の赤みや腫れが少ない最新のレーザー治療。

赤く色素沈着してしまったにきび痕の改善、ケロイドの治療、
ウィルス性のイボなど様々な症状に効果的です。
また、波長595nmのレーザー光が赤い色素に吸収される特長を持ち、
血管中のヘモグロビンに反応するので
毛細血管拡張を改善し幅広い症状に効果が期待できる治療法です。

レーザー治療の注意点

気にはなっていてもレーザー治療と聞くと
「痛そう」「高そう」「跡になりそう」など
不安もつきものですよね。

 

そこで様々なご質問にお答えしていきます!

 

Q.やっぱり痛いの?

レーザーの種類によりますが
強いレーザーを肌の奥まで届けるため
どうしても熱や痛みを強く感じる事があります。

 

Q.ダウンタイムってなに?

ダウンタイムとは副作用の事です。
皮膚に赤みや腫れを伴い1週間~1ヵ月程度炎症が続く事があります。
過去にも紹介したダーマローラー治療も
ニキビケアでダウンタイムがある物として挙げられます。
『つるりんお肌になるダーマローラーとは?』

 

Q.シミか確実に消える?

今出来ているシミに対してのアプローチには有効的ですが
シミは紫外線などによって常に濃くなったり増えたりしますので
日焼け止めなどで必ず紫外線対策が必要となります。

 

Q.やっぱり値段は高い?

レーザーの種類によっても異なりますが
1回の治療で1万円から20万円が相場となっております。
レーザー治療は長期的に行うものが多いですので
相当な時間と費用がかかります。

※レーザー治療の落とし穴※
レーザー治療は健康保険適用外なので
他の治療方に比べ金額が高額になります。

あくまでも最終手段

レーザー治療に興味があっても
金額や治療リスクを考えると
どうしても始めるのに勇気がいりますよね。

 

最近ではニキビ跡に効果的な
美容液や化粧水が数多く発売されています。

 

その中でもオススメなのが
アットコスメでの口コミも好評なベルブラン。
https://aibi-skin.co.jp/belleblanc/

ニキビ用の美容液なのに
化粧水の導入効果もありニキビの大敵”乾燥”からお肌を守ってくれます。
また、長年のニキビ跡にも効果があったとの口コミも多数!期待できますね!

 

まずはスキンケアでしっかりニキビケアを行い
リスクの高いレーザー治療は【最終兵器】として考えましょう!