ニキビ跡がクレーターになる仕組みとはニキビ@|ニキビアット

「にきび」に悩む、みなさんのためのポータルサイト

ホーム > ニキビ跡 > ニキビ跡がクレーターになる仕組みとは

ニキビ跡がクレーターになる仕組みとは

nikibiato

ニキビ跡

ニキビ跡がクレーターになる仕組みとは

ニキビ跡が凸凹になりクレーターとなってしまうとメイクも綺麗に決まらずとても気分が落ち込んでしまいます。
 
このクレーターはどのような過程でできてしまうのでしょうか?
ニキビ跡が綺麗に治らずクレーターとなってしまう仕組みを理解し、クレーターを作らないようにニキビを治しましょう。

 

クレーターの種類

 

ニキビ跡のクレーターには3種類あります。それぞれによって原因も違いますのでその仕組みを理解しましょう。

・ローリングタイプ

土に丸く穴を掘ったようなクレーターで穴の開口部分は4mm以上あります。
ニキビをいじってしまい真皮が傷つき、真皮が皮下組織の筋膜にくっついて生じます。

・アイスピックタイプ

アイスピックで氷を突っついたような形状のクレーターで、開口部は2mm以下です。
クレーター自体は小さいのですが、真皮を突き抜けて皮下組織にまで傷がついているので深さがあります。

・ボックスタイプ

ダンボール箱の蓋を開けた時のようなクレーターです。
表皮と真皮の境目がごっそりと取り除かれてしまったことで皮膚再生がうまくいかずにクレーターとなったものです。

 

クレーターになる仕組み

 

クレーターを作らないためには、どうしてクレーターになってしまうのか?という仕組みを知ることが重要です。
クレーターの仕組みを理解すれば、普段のニキビケアでクレーターを予防することができます。
 
ニキビができるのは毛穴に皮脂や汚れが詰まってアクネ菌が繁殖するためです。
アクネ菌が大量に繁殖して毛穴に溜まると炎症を起こし、肌を盛り上げてニキビとなります。
 
この炎症がさらに広がると毛穴周囲の肌組織にも炎症を起こし、クレーターに大きく関わる真皮にも炎症が広がります。
真皮がダメージを受けると、皮膚はそのダメージを修復するためにコラーゲンを大量に生成します。
すると大量のコラーゲンが「瘢痕組織」と呼ばれるクレーターの素を作り出してしまうのです。
 
クレーターの第一原因はニキビを潰してしまったことによる炎症が真皮を傷つける為です。
クレーターを作らない為には「ニキビが出来たら触らない」ということを徹底するしかありません。

 

体質や肌質によっても異なる

 

クレーターはその人の体質によってもできやすい、できにくい、が変わってきます。
 
ニキビができるとアクネ菌を攻撃する活性酸素が放出されますが、この活性酸素は皮膚に対してとても刺激が強いのです。
体質によって活性酸素が出る量が異なるため、大量の活性酸素を出す体質の方はニキビが治る段階で皮膚そのものを痛めてしまいクレーターが出来やすくなってしまいます。
 
また敏感肌やアレルギー体質の方は、外的刺激や自己免疫から体を守る力が弱いため、ニキビがクレーターになりやすいと言えます。
そして、肌にハリがなく乾燥してゴワついている方もクレーターができやすいと言われています。
肌に弾力がないため、一度傷ついてしまうとその形状のまま肌が元に戻りにくくなるのです。
 
クレーターが出来てしまうと自分の力で元に戻すのは困難です。
目立つクレーターがある方は、自分の体質はクレーターになりやすいと認識してこれ以上作らないよう気をつけましょう。
また、ニキビが出来たら早く治したいという気持ちよりも、クレーターを作りたくないという気持ちを強く持ち、ニキビをむやみに触ったりしないよう我慢して、綺麗にニキビを治しましょう。