ニキビ痕は歯磨き粉で治せるのか? 3つの真実とは? | ニキビ@|ニキビアット

「にきび」に悩む、みなさんのためのポータルサイト

ホーム > ニキビ跡 > ニキビ痕は歯磨き粉で治せるのか? 3つの真実とは?

ニキビ痕は歯磨き粉で治せるのか? 3つの真実とは?

nikibiato

ニキビ跡

ニキビ痕は歯磨き粉で治せるのか? 3つの真実とは?

ニキビ痕で悩んでいる人は、歯磨き粉でニキビ痕が治るという噂を聞いたことはありませんか?
本気でニキビ痕を治したいと思っている方は、本当かどうかわからないような噂も信じたくなってしまいますよね。
 
ネットで噂になっている内容は、ニキビに歯磨き粉をつけて10分放置して、その後洗い流し、いつものスキンケアをするという方法から、夜寝る前に塗り、そのまま就寝する方法などさまざまです。

 

ニキビの原因と歯磨き粉の関係

 

ニキビは皮膚の常在菌であるアクネ菌が原因でできます。
ニキビの治療に使われる市販薬は、このアクネ菌に効果のある科学的な根拠を持つ成分から作られます。
 
では、なぜ歯磨き粉がニキビを治すという噂が出たのでしょうか。
それは歯磨き粉の殺菌作用の成分が、ニキビに対して有効だという話が独り歩きしたためです。
 
しかし、歯磨き粉でニキビを治すことはできません。
その理由を3つご紹介します。

 

1. 歯磨き粉の殺菌作用は科学的な根拠がない

 

ニキビを改善するためにはアクネ菌を退治するのが有効ですが、そのアクネ菌を歯磨き粉の殺菌作用で退治できるということで噂が立ちました。
しかし実は歯磨き粉の殺菌作用は、科学的な根拠が示されていないので、アクネ菌に効果があるかどうか真実ではありません。
そのためニキビやニキビ痕に歯磨きを塗っても治すことができません。

 

2. 歯磨き粉には肌に悪い成分がたくさん含まれている

 

歯磨き粉には研磨剤や発泡剤、フッ化物などたくさんの成分が調合されて作られています。
ニキビができやすい人は、肌のバリア機能が低下し肌のターンオーバーがうまく機能していないので、歯磨き粉に含まれている成分によって炎症がひどくなり、ニキビが悪化する可能性があります。
ニキビが治るどころか、肌がかぶれるなど肌のトラブルを引き起こすことになるのです。

 

3. 研磨剤によって肌が擦れる

 

歯磨き粉には研磨剤という削る粒子が含まれているので、摩擦による物理的な刺激で炎症を加速させてしまい、余計ひどい状態になる可能性があります。
歯磨き粉でニキビが治るという噂を信じて、歯磨き粉で肌をこすってしまうと、肌が擦れてしまい治るどころか肌トラブルを起こしてしまうのです。
 
ニキビ痕やニキビに歯磨き粉をつけても治りません。
身近にあるアイテムを塗って治すことができれば、手軽でいいですが、実際は肌にとって悪いものをつけているということになるのです。
ニキビやニキビ痕を治すためには、ニキビ改善のために開発された薬剤を使用するということが一番です。
間違っても自宅にある歯磨き粉をつけないでくださいね。