赤いニキビ痕を改善できる3つの食材とは? | ニキビ@|ニキビアット

「にきび」に悩む、みなさんのためのポータルサイト

ホーム > ニキビ跡 > 赤いニキビ痕を改善できる3つの食材とは?

赤いニキビ痕を改善できる3つの食材とは?

nikibiato

ニキビ跡

赤いニキビ痕を改善できる3つの食材とは?

ニキビが治った痕もしつこく残る赤いニキビ痕、いつまでも残っていると憂鬱になりますよね。
ニキビは比較的早く治りますが、ニキビ痕になると完全に治るまで時間がかかってしまいます。
そんな赤いニキビ痕は、毎日の食事を変えるだけで早く治すことができるのです。
 
「少しでも早くニキビ痕を治したい!」という方は、毎日の食事内容を見直してみましょう。

 

1. ビタミンA・C・Eを多く含んだ食材を食べる

 

毎日の食事で早くニキビ痕を治すためには、新陳代謝を活発にし、肌のターンオーバーを早める効果のある食材を食べるということが必要です。
そのためには、ビタミンA・C・Eをたくさん含む食材を含んだ食事を意識しましょう。
 
ビタミンAは、レバー、人参、ほうれん草、春菊に多く含まれています。
皮膚や粘膜の潤いを高める働きがあり、肌の生まれ変わりを助けます。
ニキビ痕は皮膚が傷を負った状態なので、ビタミンAを摂取することで肌の生まれ変わりを早くすることができ、ニキビ痕を早く修復することができるのです。
 
またビタミンCは、美肌ケアには欠かすことができない成分で、スキンケア商品にもたくさん含まれています。
肌の抗酸化作用と保湿作用が高いので、ニキビ痕を治すにも十分な効果を発揮します。
食事の中からビタミンCを摂取するには、アセロラ、赤ピーマン、ブロッコリー、レモン、イチゴ、ゴーヤなどに多く含まれています。
 
さらにビタミンEは、血管を広げる効果と血液の流れを促進させる効果があるので、肌の新陳代謝を活発にすることができ、ターンオーバーを早めることができます。
肌の新陳代謝が高まると、ニキビ痕の修復を早めることができるのです。
ビタミンEは、大豆、ピーナッツ、パセリ、カボチャなどに多く含まれています。
 
ビタミンA・C・Eをたくさん摂取すると、ニキビやニキビ痕を治すだけでなく、ニキビができにくい強い肌を作ることができるということも、毎日の食事を見直すメリットです。

 

2. 旬の食材を中心に食べる

 

赤いニキビ痕を治すためには、旬の食材を中心に食べることを心がけましょう。
旬の食材はパワーをたくさん持っているので、食べることで体温を上げることができます。
体温が上がると、肌の新陳代謝が活発になり、ニキビ痕を治すことへとつながるのです。

 

3. 水とタンパク質を多く摂る

 

水分を摂るときにはお水を意識して飲みましょう。
ジュースやコーヒーは砂糖をたくさん含んでいるだけでなく、水分が少ないので、吸収率が悪くなります。
サラサラな血液にするためにも、水分を摂取するときは水を選択するのがおすすめです。
 
またニキビ痕を治すためには、タンパク質も必要です。
タンパク質は肌のハリやツヤを蘇らせるためにも必要な栄養素です。

 

4. お菓子の食べ過ぎはNG!

 

糖分の摂り過ぎは肌にとってよくありません。
特にチョコレートは皮脂の分泌を活発にするので、毛穴を詰まらせる原因となってしまいます。
赤いニキビ痕を治したい人は、お菓子の食べ過ぎには注意しましょう。
ダイエットによる偏った食事や、多忙な事による適当な食事をしていると、肌トラブルはいつまで経っても治りません。
体や肌は食べたものから作られているので、バランスの良い食事を摂りましょう。
 
また食生活を変えただけでは、ニキビ痕はすぐに修復されません。
質の良い睡眠をとる、正しい洗顔方法を行う、保湿中心のスキンケアなどを取り入れて、赤いニキビ痕を綺麗に治しましょう。