ハチミツで肌の赤みを治す方法 | ニキビ@|ニキビアット

「にきび」に悩む、みなさんのためのポータルサイト

ホーム > ニキビ跡 > ハチミツで肌の赤みを治す方法

ハチミツで肌の赤みを治す方法

nikibiato

ニキビ跡

ハチミツで肌の赤みを治す方法

肌の赤みを治す方法として、ハチミツを使うという方法があります。
ハチミツは自然から生み出されるものなので安全ですし、自宅にあるものを使って気軽に肌の赤みを治すことができるのは、とても嬉しいですよね。
ハチミツはそれほど高価なものではないので、エステやクリニックを利用することを考えると、とても経済的です。

 

ハチミツの特徴

 

ハチミツは殺菌力、保湿力に優れていて、身体に良いビタミンやミネラルを豊富に含んでいます。
その高い殺菌作用から、ハチミツは長い間放置しておいても腐敗しません。
豊富なビタミンやミネラルが肌の赤みに働き、改善することができるのです。

 

ハチミツパック

 

ハチミツを顔にパックすると、豊富に含まれているビタミンCの働きでニキビの赤みを落ち着かせることができます。
ハチミツパックの方法はとても簡単です。

 

洗顔後に大さじ1のハチミツを手に取り、顔全体にのばします。
その後約5分放置して、洗い流すだけです。

 

ハチミツだけではベタベタして気持ち悪いという場合は、少量のお湯で溶いてパックすると扱いやすいです。
パック中にラップを当てると、より浸透力を上げることができ、パック後の肌はもちもちが実感できますよ。

 

洗顔料にハチミツを混ぜて洗顔する

 

洗顔料にハチミツを少し混ぜることで、ふわふわの濃密な泡を作ることができます。
なめらかで優しい泡になるだけでなく、ハチミツによって保湿作用を高めることができます。

 

肌の赤みに最適なハチミツは?

 

ハチミツは糖分と水分の割合8:2を守る必要があるため、加熱して水分を飛ばしているものがあります。
そこで肌の赤みを治す方法としてハチミツを利用する場合に気を付けるポイントは、「非加熱」のハチミツを使用するということです。

 

ビタミン、特に肌の赤みに効果的なビタミンCは熱に弱いので、加熱すると有効成分が失われてしまいます。

 

そのため、加熱されたハチミツを肌に塗っても何の効果も期待することができないので、注意が必要です。
肌の赤みを治す方法としてハチミツを利用する場合は、非加熱で100%天然であるということが条件となります。
どのハチミツを選べばいいのか分からないという時は、少し高くても国産かドイツ製のハチミツがおすすめです。

 

いろいろな花からとれた種類のハチミツがあるので、アレルギーの恐れがある方はどの花から採れたハチミツかをチェックしたうえで選ぶようにしてください。

 

肌の赤みにお悩みの方は、自宅にあるハチミツをまずはチェックしてみましょう。
普段のスキンケアにハチミツを足すだけの簡単な方法なので、ぜひ試してみてくださいね!