ニキビは治ったはずなのに黒いニキビ跡はどうして消えないの? | ニキビ@|ニキビアット

「にきび」に悩む、みなさんのためのポータルサイト

ホーム > ニキビ跡 > ニキビは治ったはずなのに黒いニキビ跡はどうして消えないの?

ニキビは治ったはずなのに黒いニキビ跡はどうして消えないの?

nikibiato

ニキビ跡

ニキビは治ったはずなのに黒いニキビ跡はどうして消えないの?

ニキビの腫れや痛みは治ったのに肌に色が残ってしまっているのなら、その原因は色素沈着です。
ニキビ跡として色素沈着をしてしまうと、キレイに治るまでに時間がかかったり、メイクをしても隠し切れなかったりと気分まで落ち込んでしまいますよね。

 

そこで今回は、困ったニキビ跡の原因と対策方法についてご紹介します。

 

<色素沈着ニキビ跡には2種類ある>

 

黒く肌に残ったニキビ跡ですが、実は「赤黒いニキビ跡」と「茶黒いニキビ跡」の2タイプに分かれています。
さらに、赤黒いニキビ跡と、茶黒いニキビ跡ではそれぞれ原因と対処方法に違いがあるのです。
それぞれの原因と対処法を詳しく説明していきます。

 

・赤黒いニキビ跡

 

赤くはれたニキビの後にできやすく、紫がかった斑点のようになります。
強く押すと少し痛みを感じることがあるのも特徴です。

 

ニキビができると、肌の内部では炎症による細胞の損傷を治すために毛細血管がたくさん形成されます。
その際に炎症ダメージが深かったり、早く治そうとニキビを絞り出すなどの刺激を与えることにより毛細血管が破裂して内出血を起こしてしまうのです。

 

体にあざができているのと同じような状態なので、特に治療をしなくても時間が経てばニキビ跡は徐々に薄くなっていきます。

 

・茶黒いニキビ跡

 

赤黒いニキビ跡が消えずに残っていると斑点の色が変化していき茶黒いニキビ跡になってしまいます。
触っても痛みを感じることはなく、加齢が原因で起こるシミと同じような状態です。

 

ニキビができているときに紫外線を多く浴びたり、肌を掻いたりするなどして外部から繰り返し刺激を受けると、弱っている皮膚を守ろうとメラニン色素が大量に発生されます。
通常の肌であればターンオーバーを繰り返すことでメラニン色素を排出できるのですが、痛んだ肌では排出しきれずに内部に残ってしまいます。
それが炎症性色素沈着と呼ばれる黒いニキビ跡になるのです。
この黒いニキビ跡は赤黒いニキビ跡よりも消えにくいので、適切なケアを行うことが大切になります。

 

<美白ケアで黒ニキビ跡は消える>

シミとよく似た状態の黒ニキビ跡ですが、加齢によるシミが肌の細胞を破壊してしまっているのに対し、炎症性色素沈着は表皮にメラニン色素が沈着しているだけなのでターンオーバーを繰り返すことで徐々に薄くなっていずれは消えていきます。
レーザー治療やケミカルピーリングを行うことで早期にニキビ跡を消す効果を期待することができますが、肌に合わなければさらなるトラブルになる危険性もあるので注意が必要です。

 

即効性はあまりありませんが、美白化粧品を使って徐々に薄くしていくことはできます。
さらに肌全体が健康になりニキビのできにくい状態を保つこともできるのでオススメです。
ですが注意すべきポイントもあります。
美白化粧品やニキビ対策に効果のある化粧品の中には肌を乾燥させやすいものもあるので、お肌の状態によっては保湿効果の高いものを選ぶ必要がありますので注意しましょう。

 

一度できてしまったニキビ跡は消えるまでに時間がかってしまいます。
ニキビ跡を作らないためにはニキビのでき始めに適切な治療を行って、跡になりにくように刺激になることを避けることが重要です。
さらにニキビ跡予防としてニキビができにくい肌を作ることも大切です。
日々のスキンケアやバランスの良い食事、質の良い睡眠はニキビ予防にはとても重要なことです。
健やかか肌を守るためにも、普段の生活を見直してみるのもいいかもしれませんね。