顔だけじゃない! 胸など体のニキビ跡を改善する方法 | ニキビ@|ニキビアット

「にきび」に悩む、みなさんのためのポータルサイト

ホーム > ニキビ跡 > 顔だけじゃない! 胸など体のニキビ跡を改善する方法

顔だけじゃない! 胸など体のニキビ跡を改善する方法

nikibiato

ニキビ跡

顔だけじゃない! 胸など体のニキビ跡を改善する方法

ニキビは顔以外の部分にできることもあります。
厚着をする冬ならいいですが、暖かくなって薄着をするようになるとデコルテや背中などのニキビが気になって、思い切りオシャレができませんよね。

 

今回は、胸など体にできるニキビ跡を治す方法についてご紹介します。

 

ニキビができるのは顔だけではない

ニキビは顔だけでなく、胸や背中などにもできることがあります。
胸や背中などには皮脂腺が多く存在しています。ニキビは主に皮脂が毛穴に詰まることが原因になって発生するため、背中や胸にもできることがあるのです。

 

しかし、体にある皮脂腺は顔の皮脂腺ほど活発ではないため、体にニキビができる人とそうでない人では、体質が影響していると言われています。

 

体のニキビ跡を改善するセルフケア方法

肌のターンオーバーを活性化させる

肌にはターンオーバーと呼ばれる、28日周期の再生システムが備わっています。
ニキビ跡のある肌は、ニキビによる炎症で肌がダメージを受けている状態です。
肌の自然治癒力であるターンオーバーを活性化させることで、色素沈着による茶色いニキビ跡を改善させることができるのです。
肌の保湿をしっかり行って、栄養と睡眠を十分に取り、ターンオーバーを活性化させましょう。

 

シミ対策を行う

色素沈着によるニキビ跡を悪化させる原因に、紫外線が挙げられます。
ニキビやニキビ跡のある肌は、紫外線によるダメージを受けやすいため、服などで隠れない部分には必ず日焼け止めを塗るなどの入念な紫外線対策を行いましょう。
また、体のニキビ跡にもシミ対策用の化粧品を使用することで、茶色のニキビ跡になるのを防ぐことができます。

 

ニキビの悪化を防ぐためのケア

ニキビ跡を改善するには、ニキビ自体を増やさないことも重要になります。

 

汗をかいたらこまめに拭きとる

汗をかいたらこまめに拭きとるようにしましょう。
汗をかいたまま放置すると皮脂や雑菌と混ざった状態で肌に触れ続けることになるので、ニキビが悪化する可能性があります。

 

入浴時は体を洗う前にシャンプーをする

シャンプーやコンディショナー類は、ニキビのある肌に刺激を与えます。
体を洗う前に髪を洗うようにすることで、体を洗う際に肌についたすすぎ残しのシャンプーも一緒に洗い流すことができます。
髪も洗う際もしっかりお湯ですすぐようにしましょう。

 

体のニキビ跡がセルフケアでも改善しない場合

皮膚科専門医を受診する

体のニキビ跡がセルフケアで改善しない場合は、皮膚科などの専門医への受診を検討してみましょう。
皮膚科では、抗生物質の投与やビタミン剤、ホルモン治療を中心に、ニキビやニキビ跡のケアが行われます。

 

美容外科を受診する

セルフケアでは改善しない体のニキビ跡は、美容外科でも治療できます。
ニキビ跡が軽い場合は、ケミカルピーリングでダメージを受けた角質層を取り除くことによって肌状態を改善することができます。
ニキビ跡の状態によってはレーザー治療を行う場合もあります。
いずれの治療も、健康保険の区分外での自由診療となるため、費用が高めになることがあります。

 

体のニキビ跡は服で隠すこともできますが、やはりしっかりとケアをしてニキビ跡のない肌を目指したいですよね。
今回ご紹介した方法をぜひ参考にして、キレイな肌を取り戻してくださいね。