メラニンが原因? ニキビ跡ができるメカニズムと解消法 | ニキビ@|ニキビアット

「にきび」に悩む、みなさんのためのポータルサイト

ホーム > ニキビ跡 > メラニンが原因? ニキビ跡ができるメカニズムと解消法

メラニンが原因? ニキビ跡ができるメカニズムと解消法

nikibiato

ニキビ跡

メラニンが原因? ニキビ跡ができるメカニズムと解消法

茶色がかったニキビ跡はメイクで隠しづらく、すっぴんにも自信が持てなくなってしまいますよね。
なぜシミのようなニキビ跡ができてしまうのか、そのメカニズムと改善方法について解説いたします。

 

ニキビ跡にメラニンが発生するメカニズム

ニキビ跡が茶色くなってしまう原因には、メラニンが関係しています。
メラニンとは、肌を黒くする色素のことで、日焼けやシミのもとになるものです。
紫外線を浴びると皮膚細胞を守ろうとして、メラノサイトがメラニンを増やします。

 

つまりメラニンは皮膚細胞を守る盾のような存在なのです。
しかし実は紫外線を浴びていなくても、メラニンが増えてシミのような跡ができてしまうことがあります。

 

そのひとつが、ニキビによる炎症です。
ニキビが悪化して皮膚細胞が傷つくと、紫外線を浴びた時と同じような状況になり、メラニンが作られてしまうのです。
その結果、茶褐色のシミのようなニキビ跡が形成されてしまいます。

 

ニキビ跡がなかなか治らない理由は?

炎症によって発生したメラニンは、ターンオーバーによって排出され徐々に改善していきます。
しかし中には、時間が経過してもなかなか改善しないニキビ跡もあります。
その理由は、肌の新陳代謝が低下しメラニンの排出が鈍くなってしまっているため。
要するに、ターンオーバーが遅れていることが原因なのです。

 

また、ニキビ跡ができた部分に再びニキビができてしまうと、さらにメラニンが生成されてしまいます。
つまりニキビ跡を改善するためには、「ターンオーバーの促進」と「新たなニキビの予防」が必要になるということです。

ニキビ跡のメラニンを排出させる方法

≪美白成分を含む化粧品を使う≫

美白成分とは、メラニンの抑制・排出効果を持つ有効成分のこと。
代表的なのが、ビタミンC誘導体、ハイドロキノン、アルブチン、プラセンタなどです。
これらを含む化粧品を使うことで、ニキビ跡の改善につながります。
ただし肌に合わなくてニキビが悪化するようなら、使う意味はありません。
サンプルで試して、ニキビに悪影響が出ないことを確認してから使用を継続させましょう。

 

≪生活習慣を見直してターンオーバーを促進する≫

残念ながら肌表面だけのケアでは、ターンオーバーを促進させることはできません。
実はターンオーバーにはホルモンバランスが深く関係しているため、体内からのケアも重要なのです。
ホルモンバランスを整えるためには、ビタミンやミネラルが豊富な食事を摂り、十分な睡眠と適度な運動を心がけることが大切です。
また、ストレスを避けたり、好きなことをしてフラストレーションを発散することも重要です。

 

このようにスキンケアだけでなく生活習慣を見直せばニキビもできにくくなり、さらにニキビ跡の改善につながっていくはずですよ。
茶色いニキビ跡に悩んでいる方は試してみてくださいね!