ニキビ跡の改善に効果! 「イオン導入」の効果とは |ニキビ@|ニキビアット

「にきび」に悩む、みなさんのためのポータルサイト

ホーム > ニキビ跡 > ニキビ跡の改善に効果! 「イオン導入」の効果とは

ニキビ跡の改善に効果! 「イオン導入」の効果とは

nikibiato

ニキビ跡

ニキビ跡の改善に効果! 「イオン導入」の効果とは

最近注目されている、イオン導入による美肌ケア。
実はニキビ跡の改善にも効果があると考えられています。
なぜイオン導入によりニキビ跡が改善するのか、その理由や効果・施術方法などについて紹介していきます。

 

ニキビ跡に対するイオン導入の効果とは?

イオン導入とは肌に微弱な電流を流すことにより、そのままでは浸透しにくい有効成分をイオン化させ、肌の奥にまで届けるという美容方法のこと。
イオン導入で美容ケアを行った場合、一般的な方法に比べて浸透力が数十倍にアップするともいわれています。

 

特にニキビ跡の改善に効果が期待できる美容成分は、ビタミンC誘導体とプラセンタエキスの2種類。
ビタミンC誘導体は、メラニンの働きを抑制するため赤みや茶色みが色素沈着してしまった部分の改善に効果が期待できます。

 

さらに、ビタミンC誘導体にはコラーゲン生成をサポートする働きや、皮脂の分泌・肌の炎症を抑える作用もあるので、肌のハリをアップさせたりニキビの予防にも効果的です。

 

一方、プラセンタエキスは、主に肌の生まれ変わり周期であるターンオーバーを促進し、コラーゲンを生成するため軽度のクレーター状になってしまったニキビ跡に対して改善効果があります。
またターンオーバーを促進するため、ニキビ後に色素沈着を起こした部分の改善にも効果が期待できます。

 

イオン導入が効果的な理由とは

普段のケアでは、肌に元々備わっている皮脂膜や角質層のバリア機能などにより肌の奥にまで美容成分を届けることができません。
さらに肌の表面にある角質層は酸性で陽イオンが多いのに対し、肌の奥の顆粒層はアルカリ性で陰イオンが多くなっているため、角質層と顆粒層の間には電気の膜ができており美容成分は角質層よりも奥には浸透することができないのです。

 

しかし、美容成分を塗った肌へ微弱な電流を流すと、角質層と顆粒層が中性に傾くため反発が弱まり、電気の膜を越えて顆粒層にまで美容成分を届けることができるようになります。

 

またビタミンC誘導体はマイナスイオンを帯びているため、イオン導入でマイナスの電流を流すとビタミンC誘導体はマイナスイオン導入に反発し、より肌の奥にまで浸透することができるようになります。

 

イオン導入の施術方法とは

クリニックやサロンでのイオン導入の施術は、ビタミンCを溶解した液を顔に塗り、マシンにより弱い電流を流しながら行っていきます。
治療時間は30分程度で済みますし、電流と言っても非常に微弱な電流なので、ほとんどの方は痛みなどを感じることはありません

 

最近は家庭用のイオン導入美顔器なども数多く販売されているので、クリニックやサロンでのケアだけでなく、家庭でイオン導入を行うこともできます。

 

ニキビ跡イオン導入の注意点

イオン導入の電流は微弱ではありますが、それでもやはりお肌には強い刺激になってしまうこともあります。
特にイオン導入後のお肌は乾燥に傾きやすくなりますので、しっかりと保湿ケアを行いましょう。
自宅でイオン導入を行う場合には、肌の調子や長時間・連日での使用には気をつける必要があります。
イオン導入は多くても週に1・2回に抑え、2〜3日は間を開けるようにすると良いでしょう。

 

また妊娠中や授乳中・肌に強い炎症がある・補聴器やペースメーカーを装着しているなどの方はイオン導入治療を受けることができません。
気になる点がある場合には、医師やカウンセラーにしっかりと確認を行っておくことも重要です。

 

メリットや注意点を把握したうえで施術を受けるようにしてください。