「肌の赤み」と「皮脂性肌」の関係と3つの改善方法 | ニキビ@|ニキビアット

「にきび」に悩む、みなさんのためのポータルサイト

ホーム > その他 > 「肌の赤み」と「皮脂性肌」の関係と3つの改善方法

「肌の赤み」と「皮脂性肌」の関係と3つの改善方法

other

その他

「肌の赤み」と「皮脂性肌」の関係と3つの改善方法

肌の赤みはファンデーションで隠すのが難しく、隠せたとしてもすぐにメイクが崩れて表面にでてしまうもの。
こうした肌の赤みは、過剰な皮脂に分泌によって毛穴の内部が炎症を起こしていることが原因で発生します。
皮脂と水分のバランスを整えるには、どのようなことに気をつければ良いのでしょう。
今回は、皮脂による顔の赤みを改善する方法を紹介します。

 

適度な洗浄力の洗顔料で優しく洗う

気になる皮脂を取り除こうと洗浄力の強い洗顔料を使用すると、必要な皮脂まで洗い流してしまいます。
必要な皮脂まで洗い流してしまうと、皮脂不足によりバリア機能が低下してしまうので、より皮脂の分泌を促進してしまうかもしれません。
すべての皮脂を洗い流してしまわないように、マイルドな洗顔料を使用し、必要な皮脂は残しておきましょう。

 

特に朝は寝ている間に肌に付着したホコリなどを落とすだけで十分です。
朝だけぬるま湯で洗い流すだけにしてみるのもひとつの方法です。

 

食生活を見直す

皮脂の過剰分泌は、食生活にも左右されます。
油っぽい食事を好んだり、乳製品を多く食べると皮脂性肌に傾きます。
皮脂性肌で悩んでいる人は、野菜中心の生活に変えましょう。
何よりも好き嫌いをせずに、バランスの良い食事をとることが大切です。

 

ストレスを軽減する

皮脂の過剰分泌は、ストレスにも左右されます。
ストレスを感じるとホルモンバランスが乱れてしまうため、皮脂の分泌が増えてしまうのです。
ストレス社会に生きている私たちにとって、全くストレスを感じない生活というのは難しいですが、ストレスを感じたら適度に発散することが必要です。
気分転換やリフレッシュ法を見つけて、ストレスをためすぎないようにしましょう。

 

また皮脂の過剰分泌というのは、出ている皮脂を取り除いたとしても、また分泌させてしまうことになるので、根本的な改善方法にはなりません。
余分な皮脂が分泌される環境を改善しない限り、皮脂の過剰分泌は続くのです。
皮脂による肌の赤みは薬でも抑えることができますが、薬を服用する場合副作用も心配です。

 

やはり肌の赤みの原因である皮脂性肌を治すためには、バランスの良い食生活や正しいスキンケアを行う必要があるでしょう。
また皮脂の量を抑えるだけでなく、化粧水をしっかり塗るなど水分量もあげることが大切です。
自分の生活を見直して、肌にとって良い生活を送りましょう。