皮脂の分泌量が女性ホルモンによって左右される理由と改善法 | ニキビ@|ニキビアット

「にきび」に悩む、みなさんのためのポータルサイト

ホーム > その他 > 皮脂の分泌量が女性ホルモンによって左右される理由と改善法

皮脂の分泌量が女性ホルモンによって左右される理由と改善法

other

その他

皮脂の分泌量が女性ホルモンによって左右される理由と改善法

皮脂が出過ぎるとニキビができやすく、べたつきが気になるなど、皮脂の分泌量が多くて悩んでいるという人も多いのではないでしょうか。
皮脂の分泌量は、女性ホルモンに大きく影響を受けてしまいます。
体質と諦めずに女性ホルモンを安定させるケアを取り入れると、皮脂の分泌を安定させることができますよ。
今回は、皮脂の分泌量が女性ホルモンに左右される理由と改善方法を紹介します。

 

女性ホルモンが皮脂の分泌量を左右される理由とは?

女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンの2つに分けられます。
エストロゲンは皮脂の分泌を抑える作用があり、他にもコラーゲンの生成を促進したり、妊娠しやすい身体を作るなど女性には欠かすことができないホルモンです。

 

一方、プロゲステロンは皮脂の分泌を促進させる作用があります。
エストロゲンとプロゲステロンのバランスがうまくとれることで、肌の状態を安定させることができるのです。

 

皮脂の分泌量を安定させるために必要なことは?

女性ホルモンが皮脂の分泌量に影響を与えるということは、先ほど説明した通りです。

 

そのため皮脂の分泌量を安定させるためには、女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンのバランスを整えるということが大切です。

 

女性ホルモンのバランスに影響を与える原因は、生理以外にも生活習慣に大きく影響を受けています。
規則正しい生活を送り、しっかり睡眠をとるという基本的なことが大切です。
またバランスの良い食事も、皮脂の分泌量に大きく影響を受けるので、食生活も見直しましょう。

 

さらに女性ホルモンの安定に大きく影響を与えるのが、ストレスです。
ストレスを過度に感じると、自律神経が乱れるため、女性ホルモンのバランスも崩れてしまいます。
ストレスをためない生活を意識して、おおらかな気持ちで過ごすことが必要です。

 

生理期間はある程度女性ホルモンのバランスが崩れてしまうことは仕方ないですが、生理周期に合わせた皮脂ケアを行うことも効果的です。
生理の期間はエストロゲンが少なくなって、皮脂の分泌量が増えている期間です。
そのため洗顔で不要な皮脂をしっかりと取り除き、シートマスクなどで普段の保湿ケアよりも念入りに保湿中心のケアを行う必要があります。

 

女性ホルモンを安定させる生活を意識することで、皮脂の過剰分泌を抑えることができます。
皮脂の量を安定させて、肌のべたつきやメイク直しが必要ないトラブルゼロのお肌を手に入れてくださいね。