妊娠中は美白サプリを飲める? その真相と注意点とは | ニキビ@|ニキビアット

「にきび」に悩む、みなさんのためのポータルサイト

ホーム > その他 > 妊娠中は美白サプリを飲める? その真相と注意点とは

妊娠中は美白サプリを飲める? その真相と注意点とは

other

その他

妊娠中は美白サプリを飲める? その真相と注意点とは

透明感のある肌は女性の憧れですよね。
シミやくすみ対策のために美白サプリを愛飲している、という人も多いのではないでしょうか。
でも妊娠したとなると、美白サプリを飲み続けて良いか悩んでしまうもの。
そんな悩みを抱える妊婦さんに向けて、美白サプリが飲めるかどうか、注意点を含めて詳しく解説します。

 

妊娠中は美白サプリを飲める?

妊娠してから美白サプリを飲めるかどうかは、サプリメントに含まれている成分によって変わります。
たとえばビタミンCのみのサプリメントなら赤ちゃんへの悪影響はないため、摂取しても構いません。
むしろビタミンCは妊娠中に必要な栄養素なので、1日110mgを目安に摂取すると良いでしょう。
その他、葉酸、ビタミンB12、B6も積極的に摂取したい栄養素なので、規定量を守った補給はOKです。

 

しかし上記以外の成分が含まれている美白サプリには注意が必要になります。
美白サプリの配合成分として有名なのはプラセンタやL-システインですが、これらは赤ちゃんへの影響がまだ明らかになっていないというのが現状です。
また、ビタミンA、D、Kは過剰に摂取すると胎児奇形リスクが増加するといわれています。
そのため、このような成分が含まれている美白サプリは飲むのを避けるべきといえるでしょう。

 

安易にサプリメントを飲まないことが大切

妊娠中は食欲がなくなったり、栄養不足が気になってサプリメントに手を伸ばしたくなるもの。
しかし今まで飲んでいて問題がなかったものでも、妊娠中だと突然合わなくなることがあります。
また、サプリメントは気軽に飲みやすいため、過剰摂取してしまうリスクもあります。
用心したい妊娠中だからこそサプリメント選びには慎重になり、安易に飲まないことが大切です。

 

サプリメントを飲む時は担当医に相談を

どうしても飲みたいサプリメントがある場合は、必ず担当医に相談することをおすすめします。
なぜ飲みたいのか、どのような不調を改善したいのか、詳しく相談しましょう。
医師に相談して不安要素を取り除くことも、妊娠中のストレス軽減につながりますよ。

 

紫外線対策で美白になろう

美白ケアというと、紫外線を浴びた後のケアを重視してしまうもの。
しかし紫外線を浴びる前のケアこそ、美白への第一歩となります。
特に妊娠中は、ホルモンバランスの影響で紫外線の影響を受けやすい肌になっています。
日焼け止めをしっかり塗ったうえで日傘や帽子、サングラスなどのグッズで紫外線をしっかり食い止めましょう。

 

妊娠中、そしてママになってからも透明感のある肌を維持するために、以上のことに注意して美白ケアを続けてくださいね。