冷房にも要注意! 夏の乾燥肌を悪化させる5つの原因 | ニキビ@|ニキビアット

「にきび」に悩む、みなさんのためのポータルサイト

ホーム > その他 > 冷房にも要注意! 夏の乾燥肌を悪化させる5つの原因

冷房にも要注意! 夏の乾燥肌を悪化させる5つの原因

other

その他

冷房にも要注意! 夏の乾燥肌を悪化させる5つの原因

「夏は肌の乾燥と無縁な時期……」と考えていませんか?
しかしそれは大きな間違いで、実は夏にも肌を乾燥させる悪因がいろいろ潜んでいます。
夏の肌トラブルを避けるためにも、乾燥肌を悪化させる原因を知っておきましょう!

 

夏に乾燥肌が悪化する原因・メカニズムとは

≪1.エアコン≫
暑い夏は、ついついエアコンの冷房やドライ機能を多用してしまうもの。
しかしエアコンは意外と空気を乾燥させるため、肌の水分もどんどん蒸発してしまいます。
特に「エアコンの風に直接当たっている」という人は要注意。
肌がカラカラに乾燥するうえに、ドライアイになる危険性も高くなってしまいます。
それだけエアコンの風は人体の水分を奪っていくのです。

 

≪2.紫外線≫
紫外線は日焼けやシミを招くだけのもの、と思っていませんか?
しかし紫外線は夏の乾燥肌を作る大きな原因となります。
その理由は、紫外線が肌のバリア機能を破壊してしまうため。
肌が持っている水分を保持する力が弱くなり、乾燥しやすくなってしまうのです。
夏は特に紫外線量が増える時期なので、注意が必要なことはいうまでもないでしょう。

 

≪3.洗顔・入浴回数の増加≫
夏は汗をよくかくため、洗顔や入浴の回数が多くなりがちです。
しかしそのたびに洗顔料やボディソープで肌を洗っていると、乾燥肌を悪化させてしまいます。
肌の皮脂膜が洗浄剤によって洗い流されて、水分が蒸発しやすい肌になってしまうのです。
洗浄剤の使用は1日1~2回にして、それ以外は水やお湯で汗を洗い流すだけにしておきましょう。

 

≪4.間違ったスキンケア≫
洗顔や入浴の回数が正しくても、肌をゴシゴシとこするような洗い方をしていると乾燥肌が悪化します。
この場合も肌のバリア機能を壊すため、水分量を維持できなくなってしまうのです。
また、化粧品をつける時に肌をこすっている人、スペシャルケアをしすぎな人も要注意。
皮膚の角質層が薄くなり、乾燥しやすくなってしまうでしょう。
肌の調子が悪いから…と過剰なお手入れをしていると、かえって乾燥がひどくなって悪化することもあるのです。

 

≪5.汗による過乾燥≫
気温が上がれば、おのずと汗の量も増加しますよね。
しかしその汗が蒸発する時には、肌の水分も同時に奪われてしまいます。
これを「過乾燥」と言い、スプレー化粧水やスチーマーを使った時にも発生する現象です。
そのため、汗をかいたらそのまま放置せず、清潔なハンカチやティッシュで優しく抑えることが大切。
スプレー化粧水やスチーマーを使った後も、乳液やクリームなどで保湿するようにしてください。

 

今年の夏はしっかりと乾燥対策をして、キレイな肌をキープさせましょう!