夏の疲れが影響? 秋の乾燥肌の原因と対策スキンケア | ニキビ@|ニキビアット

「にきび」に悩む、みなさんのためのポータルサイト

ホーム > その他 > 夏の疲れが影響? 秋の乾燥肌の原因と対策スキンケア

夏の疲れが影響? 秋の乾燥肌の原因と対策スキンケア

other

その他

夏の疲れが影響? 秋の乾燥肌の原因と対策スキンケア

暑い夏が終わって、やっと一息つける秋。
でも秋は意外と肌が乾燥しやすい季節ってご存じでしたか?
なぜ秋になると乾燥肌になってしまうのか、その原因と対策スキンケアについてご紹介します。

 

秋の乾燥肌の原因とは

≪湿度の低下≫
蒸し暑い夏が終わると、冬に向けて徐々に空気が乾燥していきます。
空気中の湿度が低下するため、肌も乾燥しやすくなるのです。

 

≪夏の疲れ≫
秋の肌には夏の間に浴びた紫外線のダメージが蓄積されています。
また、たとえ紫外線対策をしていたとしても、日焼け止めやクレンジングの多用で肌に負担を与えています。
このような夏の肌疲れが、秋の乾燥肌悪化を招いてしまうのです。

 

≪自律神経の乱れ≫
季節の変わり目は気圧や気温変化の影響で、自律神経が乱れやすくなります。
すると、体調と共に肌の状態も不安定に。
潤いを守るはずのバリア機能が低下して、乾燥しやすい揺らぎ肌となってしまいます。

 

秋の乾燥対策スキンケア

≪丁寧な洗顔・クレンジングを心がける≫
乾燥がひどい時こそ、洗顔やクレンジング方法を見直すことが大切です。
まずは洗浄力がマイルドな洗顔料やクレンジング料を準備しましょう。
中でも保湿成分配合の洗顔料や、W洗顔不要のクレンジング料がおすすめです。
そして肌をこすらないように、慎重かつ丁寧に汚れやメイクを洗い流しましょう。

 

≪十分な保湿で乾燥対策≫
汚れやメイクをきちんと落としたら、十分な保湿ケアで乾燥対策を行います。
セラミド、ヒアルロン酸、アミノ酸、コラーゲンなど、高保湿成分を含む化粧品を使うと効果的です。
なお、化粧水をつけた後は、必ず乳液やクリームの油分でフタをしてあげましょう。
潤いのベールを作ることで、水分を維持しながら外部刺激に強い肌を作ることができますよ。

 

≪美白美容液をプラス≫
夏の間に紫外線を浴びてしまった…と後悔しているなら、普段の化粧品に美白美容液をプラスしましょう。
保湿効果のある基礎化粧品に美白美容液を加えることで、より高い美白効果が期待できます。

 

≪紫外線対策も忘れずに≫
秋は「夏ほど紫外線が強くない」との油断からUV対策を怠りがちです。
しかし秋も日差しは強いものですし、シワやたるみを招くUVAは一年中変わらず降り注いでいます。
ですから、秋になっても日焼け止めや日傘などのグッズで紫外線対策を続けていきましょう。
ただし肌に負担をかけないように、ノンケミカルの肌に優しい日焼け止めを使うことをおすすめします。

 

<気を抜きがちな秋こそしっかりと保湿ケアをしていきましょう!