ニキビ跡を改善する! レーザー治療の種類と特徴 | ニキビ@|ニキビアット

「にきび」に悩む、みなさんのためのポータルサイト

ホーム > 治療・薬 > ニキビ跡を改善する! レーザー治療の種類と特徴

ニキビ跡を改善する! レーザー治療の種類と特徴

treatment

治療・薬

ニキビ跡を改善する! レーザー治療の種類と特徴

ニキビ跡の改善にはレーザー治療が効果的です。
ニキビ跡を改善するレーザーにはさまざまな機器があり、種類によってまったく違う特徴があります。

 

機器のタイプによってどんなニキビに効果的なのかも違ってくるため、自分のニキビには一体なにが一番いいのかわからない……という方も多いことでしょう。
今回は、ニキビ跡を改善するのに有効なレーザー治療の特徴を、機器の種類ごとにご紹介します。

 

ピュアアクネス

 

ピュアアクネスは410nm~700nmの波長のレーザーを使用します。
この波長のレーザーには、五つの光が含まれており、アクネ菌を死滅させる青色光、黒ニキビを減らす緑色光、赤いニキビ跡や赤ニキビに効果のある黄色オレンジ光、炎症や抑え皮脂を軽減させる赤色光があります。

 

ピュアアクネスはニキビ跡の改善だけでなく、全ての種類のニキビに効き、新たにニキビができるのを防ぎます。
さらに、日常生活に戻るまでの時間(ダウンタイム)が短く、レーザー治療直後から、化粧をすることができます。

 

クリアタッチ

 

クリアタッチは、青色と赤色といった二つの光を同時に照射することができる機器です。
青色光はニキビの原因となるアクネ菌を殺菌し、ニキビの再発を防ぎます。
また、赤色光はニキビの赤みや毛細血管に吸収され、炎症性のニキビやニキビ跡に効果があると言われています。

 

さらに、この機器は50~60度のレーザーを瞬時に照射することができます。
この温熱効果によってアクネ菌やその他のバクテリアを死滅させ、新たにニキビができるのを防ぐ効果も。
さらに、毛穴の角栓を溶かして肌自体をキレイにする作用もあります。

 

フラクセルレーザー

 

フラクセルレーザーは、凹凸のあるニキビ跡に効果がある治療法です。
レーザー照射によりマイクロレベルの穴を開け、ニキビによりダメージを受けた細胞を排除することができます。
皮膚の深い部分まで作用してコラーゲンの増殖を促すことで、新しい肌細胞へ入れ替わるのを促進してくれるのです。

 

Vスターレーザー

 

Vスターレーザーは色素レーザーの一種で、赤ニキビやニキビ跡に効果があります。
照射されたレーザー光は酸化ヘモグロビンに吸収され、ニキビの赤みを改善してくれます。

 

ヤグレーザー

 

ヤグレーザーは、ニキビ跡による肌のざらつきを改善する作用のあるレーザーです。
照射後、レーザーが拡散されて皮膚表面にある古い角質を取り除きます。
さらに、レーザーの熱が皮膚の深部まで達することでコラーゲンの生成を促し、凹凸のあるニキビ跡の肌をなめらかにしてくれるのです。

 

ニキビ跡は、お家でのセルフケアによってキレイに改善するのが理想的です。
しかし、セルフケアを頑張ってもニキビ跡がなかなか改善しない場合には、自分のニキビ跡に合ったレーザー治療を受けるという手段も選択肢の一つに入れてみてはいかがでしょうか?