ニキビ治療に使われるダラシンTゲルの使用法と効果 | ニキビ@|ニキビアット

「にきび」に悩む、みなさんのためのポータルサイト

ホーム > 治療・薬 > ニキビ治療に使われるダラシンTゲルの使用法と効果

ニキビ治療に使われるダラシンTゲルの使用法と効果

treatment

治療・薬

ニキビ治療に使われるダラシンTゲルの使用法と効果

ニキビができると、洗顔をしたり、サプリメントを飲んだりと、自分の力で治そうとする人も多いでしょう。
しかし治っても繰り返し出来るという頑固なニキビは、医療機関を利用して治療した方が早く完全に治すことができます。

 

今回は、医療機関で処方されるニキビ治療薬「ダラシンTゲル」の効果や使用法についてお話しします。

 

「ダラシンTゲル」とは

ダラシンTゲルは、SATO(佐藤製薬株式会社)から出ているニキビ治療薬です。
「ざ瘡治療用外用抗生物質製剤」という名称で、ざ瘡(ニキビ)の治療のために外用する抗生物質のお薬です。
リン酸クリンダマイシンという物質を主成分とし、グラム陽性菌や嫌気性菌などの細菌のタンパク合成を阻害する働きを持っています。
そのためニキビの原因菌とされるアクネ菌にも優れた抗菌力を発揮するため、ニキビを治療することができるのです。

 

「ダラシンTゲル」の効果と使用方法

ダラシンTゲルを皮膚に塗ると、アクネ菌を退治し、ニキビの赤みや腫れ、化膿を治療してくれるという効果があります。
使用方法は、1日2回、洗顔後に適量をニキビのある患部に塗るだけです。
薬を塗るときには、洗顔をして清潔な状態にしてからにしましょう。
ゲルなので伸びがよく、塗った後はサラサラするので使用感も良いという事がメリットです。

 

使用上の注意点

使用する際に注意することは、顔全体に塗らずに、ニキビのある部分だけに塗るということです。
また使用量もしっかり守らなければいけません。
1日2日以上使用してはいけませんし、1回で2回分の量を塗るという事もやめましょう。

 

またダラシンTゲルを使用する際に気を付けることは、副作用です。
副作用としては、ヒリヒリとした刺激や乾燥したようなツッパリ感などを感じる場合もあります。

 

これらの副作用は一時的なものなので、継続して使用しても問題はありません。
しかし中には激しい副作用が起こる可能性もあります。
激しい腹痛や下痢、発熱なども副作用として起こる可能性があるので、その場合は使用を中止した上で、医師に診てもらいましょう。

 

「ダラシンTゲル」を使ってニキビを改善させよう

ダラシンTゲルには副作用もありますが、ほとんどが軽い症状なので、継続して使用しても問題はありません。
自分では治すことが難しかった頑固なニキビも、ダラシンTゲルなら早く治すことができます。
洗顔やスキンケアなど自己流で治そうとすると、逆に悪化する可能性もあるので気を付けましょう。

 

ニキビが悪化したり、長期化すると、色素沈着を起こして肌が黒ずむ可能性もあります。
医療機関で処方してもらえるダラシンTゲルを使って、早い段階で完治させましょう!