ニキビ治療に「抗生物質」は効く? 【リスクと注意点】 | ニキビ@|ニキビアット

「にきび」に悩む、みなさんのためのポータルサイト

ホーム > 治療・薬 > ニキビ治療に「抗生物質」は効く? 【リスクと注意点】

ニキビ治療に「抗生物質」は効く? 【リスクと注意点】

treatment

治療・薬

ニキビ治療に「抗生物質」は効く? 【リスクと注意点】

ニキビ治療のために皮膚科へ行くと、抗生物質の内服薬を処方されることがあります。
しかし抗生物質を長期に渡って服用することにはリスクがあり、使用上の注意点も多数あります。
抗生物質の効果や影響を正しく知って、肌や体のことを考えたニキビケアへと活かしましょう。

 

抗生物質とは

抗生物質とは、病原菌の増殖を抑えたり、細菌を殺す物質のこと。
ニキビ治療の場合は、炎症を引き起こしているアクネ菌を殺す目的で使用されます。
なお、ニキビ治療のために処方される抗生物質の内服薬には、下記のような種類があります。
・ミノマイシン(テトラサイクリン系抗生物質)
・ルリッド錠(マクロライド系抗生物質)
・クラリス錠(マクロライド系抗生物質)

 

抗生物質が効くニキビ・効かないニキビ

抗生物質は炎症を起こしている赤ニキビに有効です。
アクネ菌の増殖を抑えることで、炎症を食い止めることができます。
それに対して、炎症を起こしていない白ニキビや黒ニキビには効果を発揮しません。

 

また、赤ニキビであっても、何度も繰り返してできるニキビの治療には注意が必要です。
抗生物質は一時的に炎症を抑えるだけのものであって、体質や肌質を改善するものではありません。

 

そのため、ニキビが繰り返してできるからといって抗生物質を長期に渡って連用すると、下記のようなリスクが発生し、かえってニキビができやすくなることもあるのです。

 

抗生物質の長期連用した際のリスク

≪耐性菌が発生する≫
抗生物質を飲み続けていると、その殺菌効果に耐性を持った菌が発生することがあります。
すなわち抗生物質が効かない、強い菌が生まれる恐れがあるのです。

 

≪常在菌のバランスが崩れる≫
アクネ菌というと美肌の天敵というイメージがありますが、実は皮膚の常在菌で、善玉のアクネ菌も存在します。
抗生物質を使用するとこの善玉のアクネ菌も殺すことになり、かえって肌質が悪化する可能性があります。

 

≪肝臓がダメージを受ける≫
抗生物質は肝臓で代謝されるため、肝臓がダメージを受けることがあります。
肝機能が低下すると、肌荒れやニキビが発生しやすくなるので注意が必要です。

 

以上のように、抗生物質を飲む際にはリスクが伴います。
一時的な炎症ニキビを抑えるためには効果的ですが、繰り返すニキビの改善には適していません。
安易に抗生物質に頼るのは避けて、スキンケアと生活習慣を見直すなど、根本的な治療を行っていくことが大切です。